道の駅坂東

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

道の駅坂東(みちのえきばんどう)(仮称)は、茨城県坂東市弓田で計画されている、市道および首都圏中央連絡自動車道(圏央道)沿いに整備予定の道の駅。

2008年平成20年)、当時の市長石塚仁太郎により道の駅整備の検討が始められ、2014年(平成26年)以降は圏央道の坂東パーキングエリア(計画中)に隣接して設置するとして2020年(平成32年)の開設[1]を目指し具体的な検討が行われてきた。しかし2017年(平成29年)の市長選挙で整備を推進していた現職の吉原英一が落選し、その後開かれた市議会で整備中止を求める決議が全会一致で可決されている。

概要[編集]

圏央道に設置計画中の坂東パーキングエリアに隣接する形での建設が計画されており、その位置は市役所のある坂東市中心街から約4km北側、圏央道坂東インターチェンジから約2kmの地点にあたる[2]。一般道路の休憩設備や防災設備に加え、坂東市の農産物・観光資源情報を提供する窓口の機能を持たせることで、市民間や圏央道の利用者に訴求し坂東市の知名度向上に繋げることを狙いとしている[3]

計画には半屋外式のイベント空間[4]やキャンプ場[5]の併設のほか、坂東市は平将門がかつて独自に政庁を置いた地であり、将門の墓のある延命院の所在地でもあることから、将門に関する歴史の紹介や体験ブースの設置も組み込まれている[5]

歴史[編集]

計画・事業の進展[編集]

事業計画に盛り込まれている調整池の予定地

2008年(平成20年)の坂東市議会定例会において、当時の石塚仁太郎市長が道の駅設置計画の検討に入りたい旨の答弁を行った[6]。2014年(平成26年)9月11日には当時の吉原英一市長が、国土交通省から圏央道のパーキングエリアの候補地を坂東市弓田に決定したとの連絡があった旨を回答[7]。パーキングエリアの誘致に当たっては、最終的につくば市常総市境町の協力を得て候補を一本化した旨の答弁もなされている[7]

2015年(平成27年)になると計画執行に向け予算面での進展も見られた。まず3月3日には市議会定例会で、道の駅の基本計画策定委託料として300万円を計上した新年度一般会計予算案が承認[8][9]。次いで6月3日の市議会定例会では、道の駅の整備事業の経費として1,900万円を計上した一般会計補正予算案が承認された[10]。しかし2015年度中に開通予定であった境古河IC - つくば中央IC間は地盤沈下により開通が翌年度にずれ込む見通しとなり、開通後の交通量を道の駅開設の検討材料とする予定であった市は困惑することとなった[11]

2016年(平成28年)7月11日、道の駅事業に関する諮問・提言機関として「坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会」が設置され、7月25日に第1回目の会議が開催された[1]。2017年(平成29年)3月の第4回会議時点では、2018年(平成30年)3月ごろまでの計9回の会議[12]により、道の駅整備運営方針に対する意見を示すことになっていた。

2016年(平成28年)9月、市議会定例会において、(仮称)道の駅坂東整備事業に要する経費として事業予定地の測量調査等の費用1,970万円を追加した補正予算承認。また、道の駅事業の進捗に伴う事業用地、坂東市弓田字三ツ又1253番ほか57筆、合計9万274㎡の土地を取得する議案は可決、道の駅坂東整備事業に要する経費3,574万6,000円などの補正予算案は否決[13]。同月には坂東市道の運営方針駅諮問委員会の第2回会議が開かれ、道の駅の予定区域図が示された[14]

同年12月の市議会定例会答弁では、道の駅に設置する施設として一般の道の駅の機能に加え、農産物直売所や地産レストランなどの地域振興施設、公園、調整池などの整備について言及がなされた[15]。また建設予定地内に元からある「さくらの里山」を極力残したいという方針も表明された[15]。一方で建設予定地の一部に旧・岩井市が一般廃棄物最終処分場として使用していた土地があることにも言及された[15]。この定例会ではほかにもさまざまな市の投資事業について経緯を問う質問が相次いだが、いずれも充分な説明がなかったとして、13日に百条委員会の設置動議が提出され、可決された[16]。百条委員会は26日に第一回委員会を開き、調査を開始した[17]

2017年(平成29年)3月、吉原市長は市議会定例会において答弁し、予定地には市内のモールを解体した際の廃棄物が埋められており、処置について東日本高速道路(NEXCO東日本)や国土交通省と調整中であること、農産物販売以外の集客施設についても住民の意見を聴取しつつ検討中であることを挙げ、総事業費については回答しにくい部分があるとした[18]。(仮称)道の駅坂東整備事業に要する経費2億5,831万3,000円を計上した平成29年度予算は可決される[18]

整備中止を求める決議の可決[編集]

2017年(平成29年)4月2日に行われた坂東市長選挙では、道の駅計画を推進していた現職の吉原英一が落選。新市長には道の駅の運営面に疑問を呈していた木村敏文が選出された[19]。百条委員会が調査を開始したことも木村の当選を後押しした[20]。同年5月15日は市議会臨時会において、「坂東市における道の駅整備中止を求める決議」(議員提出議案第3号)が全会一致で原案通り可決された[21]。予定地に埋設された産業廃棄物の撤去費用と道の駅自体の設置費用に多額の予算がかかることから中止が提案された[21]。一方国土交通省は坂東パーキングエリアについては予定通り建設する考えを示している[22]

施設[編集]

道の駅ゾーン[編集]

計画されている施設は次の通り[23]

  • 駐車場
  • トイレ
  • 休憩所
  • 情報コーナー・地域交流スペース
  • フードコート
    • 地場産品を用いた品目の提供を予定
  • 坂東市ブランド創造機能
    • 農産物直売所などが含まれる
  • イベント広場
  • 多目的室
  • 防災機能
    • 受水槽、小型自家発電装置、災害用井戸、太陽光発電施設を配備
  • 支援活動機能
    • 防災倉庫などの災害時用備品保管庫、ヘリポートなどの設置を計画
  • 平将門に関するブース
    • 坂東市ゆかりの人物である平将門に関する歴史紹介コーナー、体験コーナー、ツアーデスクなど

その他のゾーン[編集]

整備計画以前から存在する「さくらの里山」を活かしたゾーンや、日帰りキャンプ・バーベキューが可能な自然体験ゾーンが計画されている[2]

  • 桜の里山ゾーン
  • 親水ゾーン(調整池)
  • 里山体験ゾーン[5]

予定されるアクセス[編集]

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b 道の駅|坂東市公式ホームページ”. 坂東市役所. 2017年7月5日閲覧。
  2. ^ a b 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017, p. 2.
  3. ^ 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017.
  4. ^ 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017, p. 4.
  5. ^ a b c 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017, p. 9.
  6. ^ 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月16日-02号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  7. ^ a b 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月11日-02号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  8. ^ 平成27年 3月 定例会(第1回)-03月03日-01号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  9. ^ “道の駅基本計画を策定 普通建設費50.4%増 新庁舎は外構工事へ(坂東市予算案)”. 日刊建設新聞 (日本建設新聞社). (2015年2月26日). http://www.jcpress.co.jp/wp01/?p=14044 2017年7月5日閲覧。 
  10. ^ 平成27年 6月 定例会(第2回)-06月03日-01号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  11. ^ 『読売新聞』2015年(平成27年)12月21日付東京本社朝刊35面。
  12. ^ 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017, p. 11.
  13. ^ 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月06日-01号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  14. ^ 「(仮称)道の駅坂東」予定区域図”. 坂東市道の運営方針駅諮問委員会 (2016年9月26日). 2017年7月5日閲覧。
  15. ^ a b c 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月12日-02号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  16. ^ 『毎日新聞』2016年(平成28年)12月14日付東京本社朝刊23面(茨城)。
  17. ^ 『朝日新聞』2016年(平成28年)12月27日付東京本社朝刊23面(茨城)。
  18. ^ a b 平成29年  3月 定例会(第1回)-03月03日-02号”. 坂東市議会. 2017年7月5日閲覧。
  19. ^ 田中 千裕 (2017年3月29日). “茨城・坂東市長選 候補者の横顔(届け出順)”. 産経ニュース (産経新聞社). http://www.sankei.com/region/news/170329/rgn1703290008-n1.html 2017年7月5日閲覧。 
  20. ^ 『朝日新聞』2017年(平成29年)4月3日付東京本社朝刊23面(茨城)。
  21. ^ a b “道の駅整備中止を決議 坂東市議会、百条委議決受け提案”. 茨城新聞クロスアイ (茨城新聞社). (2017年5月17日). http://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=14949443305124 2017年7月5日閲覧。 
  22. ^ 『朝日新聞』2017年(平成29年)5月16日付東京本社朝刊25面(茨城)。
  23. ^ 坂東市道の駅整備運営方針諮問委員会 2017, pp. 5-10.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]