近藤良一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

近藤 良一(こんどう りょういち、1937年 - )は、日本僧侶哲学者仏教学者。専門はインド哲学仏教学苫小牧駒澤大学2代学長は「近藤聖欣」。現在、駒澤大学名誉教授曹洞宗北大寺住職

経歴[編集]

関稔とは同じ師を持つ同門で、急病により同学長を辞任し、後輩に学長職を引き継いでもらった。

著書[編集]

  • 『中国思想辞典』(分担執筆, 1984年, 研文出版)
  • 『寺院名刹大辞典』(分担執筆, 1990年, 雄山閣)
  • 『海上物語の研究』(1990年, 近思文庫)
  • 『禅苑蒙求』(東豐書店, 1991年)
  • 『宋重刊古尊宿語録 上下巻』(編著, 棱伽林, 1992年)
  • 木村晟ほかと共編『西来寺蔵仮名書き法華経影印編』(稜伽林, 1993年-94年)

などがある。

論文[編集]

参考文献[編集]

近思文庫編『近藤良一先生古稀記念』(港の人, 2007年)

外部リンク[編集]

先代:
大久保治男
苫小牧駒澤大学学長
第2代: 2002年2004年
次代:
関稔