近藤ひさし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
近藤 ひさし
HISASHI KONDO
生誕 1969年4月14日
出身地 日本の旗 日本北海道
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
編曲家

近藤 ひさし(1969年4月14日 - ) は、日本音楽プロデューサー作詞家作曲家編曲家北海道出身。

略歴[編集]

北海道(室蘭)出身。大学入学のために上京。大学在学中BMG音楽出版(現アリオラジャパン)との作家契約が音楽業界でのキャリアのスタートになると、2006年2月1日にソニーミュージックから発表された「100%ソニーミュージック―アーティストの想いを伝えたい (Nanaブックス) 単行本」の中で語られている[注 1]

原宿歩行者天国(通称ホコ天)での活動を経て、1995年9月、Coney Island Jellyfishのヴォーカリストとしてアンティノスレコードよりメジャーデビュー。 メジャー活動時代には各テレビ、ラジオのレギュラーを持つほど *代表的な番組は「どさんこワイド(STV)内人気コーナー近藤ひさしの東京通信」(1995年〜)で、番組内での旅企画に出演するなど、音楽活動以外のテレビでのMCも目立った。またデビュー前からの先輩つんく♂からの誘いでモーニング娘。ほかハロープロジェクトのアシスタントとしてスタジオに出入りし、プロデュースワークを学んだらしい。

その後、ソニー・ミュージックレコーズに中途採用の入社試験を受けて会社員の制作プロデューサーとして在籍することになったと、AIR'Gでの自身のレギュラー番組[注 2] 内で話している。

ソニーミュージック時代から会社設立するまで デビュー前のIt's happy lineからYUI の全楽曲をプロデュース。モーニング娘。以来、近藤自身でのプロデュースワークでのヒットを実現してゆくことになる。HISASHI KONDO名義。 (2003年〜2012年)[注 3][注 4]。 ソニーミュージック(スティーズラボ内)に近藤自身の制作部門 Honey Bee Management設立。[注 5] 2015年 Honey Bee Studioをスタッフ 所属アーティストと共にビーイング傘下とする包括提携を行う[1]

主なプロデュースアーティスト[編集]

出典:[2]

楽曲提供アーティスト[編集]

[注 6]

その他の活動[編集]

ラジオ[編集]

  • 「近藤ひさしのサタヤン☆マンデー!!」(AIR-G' レギュラーパーソナリティー担当)

テレビ[編集]

  • 「TV近藤ひさしのLGMusic」(HTB(北海道テレビ放送)毎日深夜放送レギュラーコーナー担当)

著書[編集]

  • 2006年2月1日 100%SONY MUSICに記事掲載

100%ソニーミュージック―アーティストの想いを伝えたい (Nanaブックス) 単行本 – 2006/2/1 ソニーミュージックオフィシャル編集チーム (著)

  • 2015年6月発売 音楽業界 金のバイブル

音楽業界 金のバイブル キャパ200完売への道 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/29 大関勇気 (著)[3]

その他[編集]

  • 音楽専門学校ミューズモード音楽院特別セミナー

「近藤ひさしの音楽にまつわる人講座」開催中

出典[編集]

  1. ^ 2006年2月1日 100%ソニーミュージック―アーティストの想いを伝えたい (Nanaブックス) 単行本 – 2006/2/1 ソニーミュージックオフィシャル編集チーム (著) 記載。
  2. ^ AIR'G FM北海道土曜深夜 「近藤ひさしのサタヤン☆マンデー!!」 2008年~2013年生放送 ゲストには西野かな スキャンダル 中川翔子ほか  YUIに至っては準レギュラー的に出演していた。
  3. ^ Sony Music Recordsよりリリース CDクレジット参照
  4. ^ 2010年 ORICON コンフィデンス インタビューの中でソニー・ミュージックエンタテインメントコーポレイト・エグゼクティヴ 村松俊介代表が「YUIとひさしの揺ぎない信頼関係」と近藤ひさしへのプロデュースワークについて語っている。
  5. ^ Honey Bee Management Steezlab Music INC (SONY MUSIC GROUP) https://narrow.jp/production/101
  6. ^ http://honeybeestudio.jp/hisashikondo/index.html CDクレジット参照

脚注[編集]

  1. ^ Chelsy 渋谷duoワンマン大成功で次なるステップへ プロデューサー近藤ひさし&ビーイングが強力タッグ結成” (2015年9月15日). 2017年6月7日閲覧。
  2. ^ Honey Bee Records Official Site”. www.tnx.cc. 2021年1月29日閲覧。
  3. ^ 音楽業界 金のバイブル 単行本(ソフトカバー) https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0641507/

外部リンク[編集]