載寧郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
載寧郡
位置
DPRK2006 Hwangnam-Chaeryong.PNG
各種表記
ハングル 재령군
漢字 載寧郡
発音 チェリョン=グン
ローマ字転写 Chaeryŏng-gun
テンプレートを表示

載寧郡(チェリョンぐん)は朝鮮民主主義人民共和国黄海南道に属する郡。

地理[編集]

載寧江の下流西岸、載寧平野に位置する。西に安岳郡信川郡、南に新院郡と接し、載寧江を隔てて東に黄海北道銀波郡沙里院市黄州郡と向かい合う。

行政区画[編集]

1邑・1労働者区・24里を管轄する。

  • 載寧邑(チェリョンウプ)
  • 金山労働者区(クムサンロドンジャグ)
  • 江橋里(カンギョリ)
  • 孤山里(コサンリ)
  • 屈海里(クレリ)
  • 金斉元里(キムジェウォンリ)
  • 南芝里(ナムジリ)
  • 東新興里(トンシヌンリ)
  • 来臨里(レリムリ)
  • 龍橋里(リョンギョリ)
  • 碧山里(ピョクサンリ)
  • 鳳梧里(ポンオリ)
  • 蓬泉里(ポンチョンリ)
  • 富徳里(プドンリ)
  • 北芝里(プクチリ)
  • 三支江里(サムジガンリ)
  • 西林里(ソリムリ)
  • 書院里(ソウォンリ)
  • 石灘里(ソクタンリ)
  • 新串里(シンゴンリ)
  • 新換浦里(シヌァンポリ)
  • 陽渓里(ヤンゲリ)
  • 墻菊里(チャングンリ)
  • 財泉里(チェチョンリ)
  • 天摩里(チョンマリ)
  • 清泉里(チョンチョンリ)

歴史[編集]

高句麗時代には漢忽(ハンホル/한홀)、息城郡などと呼ばれ、高麗時代には安州と称された。朝鮮王朝時代の1217年に載寧県と改称され、1415年に載寧郡に昇格した。

1895年に海州府載寧郡、1896年黄海道載寧郡となる。

1952年の北朝鮮の地方行政区画再編により、載寧郡(1邑27里)が再編成された。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1914年4月1日 - 郡面併合により、黄海道信川郡の一部(斗羅面の一部)が載寧郡に編入、載寧郡の一部(清水里面・上方面・西湖面・下栗面の各一部)が信川郡に編入。載寧郡に以下の面が成立。(16面)
    • 北栗面・南栗面・載寧面・下湖里面・龍山面・下聖面・上柳面・三支江面・牛頭川面・銀山面・花山面・上聖面・下柳面・上方面・下方面・清水里面
  • 1928年4月1日 (13面)
    • 下湖里面の一部が載寧面に編入。
    • 三支江面および牛頭川面・銀山面の各一部が合併し、三江面が発足。
    • 龍山面および銀山面の残部・花山面の一部が合併し、銀龍面が発足。
    • 下聖面・上柳面の各一部が上聖面に編入。
    • 上柳面の一部が下聖面に編入。
    • 下柳面および上柳面の残部・下方面の一部が合併し、新院面が発足。
    • 下方面の残部・花山面の一部が合併し、長寿面が発足。
    • 牛頭川面の残部・花山面の残部・清水里面の一部が合併し、清川面が発足。
    • 下湖里面の残部および載寧面・南栗面の各一部が合併し、西湖面が発足。
    • 載寧面の一部が南栗面に編入。
  • 1938年 (1邑10面)
    • 載寧面が載寧邑に昇格。
    • 上方面・清水里面が長寿面に編入。
    • 鳳山郡西鍾面の一部が南栗面に編入。
  • 1945年 - 載寧邑が載寧面に降格。(11面)
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、黄海道載寧郡北栗面・南栗面・載寧面・清川面・長寿面および西湖面・三江面・銀龍面の各一部、信川郡蘆月面の一部地域をもって、載寧郡を設置。載寧郡に以下の邑・里が成立。(1邑26里)
    • 載寧邑・東新興里・大洪里・屈海里・北芝里・南芝里・江橋里・来臨里・碧山里・古桟里・蓬泉里・新換浦里・財泉里・孤山里・金山里・青龍里・龍橋里・富徳里・清泉里・新串里・石灘里・鳳梧里・書院里・西林里・墻菊里・陽渓里・天摩里
  • 1952年末 - 金山里が金山労働者区に昇格。(1邑1労働者区25里)
  • 1953年12月 - 碧山里・蓬泉里・孤山里・財泉里の各一部が載寧邑に編入。(1邑1労働者区25里)
  • 1954年10月 - 黄海道の分割により、黄海南道載寧郡となる。(1邑1労働者区26里)
    • 碧山里の一部が孤山里に編入。
    • 黄海北道銀波郡養洞里の一部が龍橋里に編入。
    • 龍橋里の一部が黄海北道銀波郡柳亭里に編入。
    • 鳳梧里の一部が黄海北道銀波郡新徳里・岐山里の各一部と合併し、黄海北道銀波郡亀蓮里となる。
    • 清泉里の一部が黄海南道信川郡東嶺里に編入。
    • 黄海北道銀波郡新徳里、黄海南道新院郡雲陽里の各一部が合併し、新徳里が発足。
    • 新換浦里が黄海南道安岳郡徳成里との境界線を調整。
  • 1961年3月 - 大洪里が金斉元里に改称。(1邑1労働者区26里)
  • 1967年10月 - 新徳里が新院郡に編入。(1邑1労働者区25里)
  • 1979年12月 - 青龍里が三支江里に改称。(1邑1労働者区25里)
  • 1988年 - 古桟里が来臨里に編入。(1邑1労働者区24里)

交通[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 황해남도 재령군 역사