海州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海州市
Puyong Pavilion, Haeju.jpg
芙蓉堂
位置
Haeju location.png
各種表記
チョソングル: 해주시
漢字: 海州市
日本語読み仮名: かいしゅうし
片仮名転写: ヘジュシ
ローマ字転写 (MR): Haeju-si
統計(2008年
面積: 206.93 km²
総人口: 273,300 人
行政
国: 朝鮮民主主義人民共和国の旗 朝鮮民主主義人民共和国
下位行政区画: 26洞5里

海州市(ヘジュし、해주시)は朝鮮民主主義人民共和国の南西部(朝鮮半島中西部)の黄海南道の道都。水産資源、地下資源に恵まれている。ここの海岸の韓国にも輸出される。

地理・気候[編集]

首都平壌から100kmほどに位置する。海州湾に面し、港湾都市である。北には首陽山がそびえる。

海州(1981〜2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日平均気温 °C (°F) −3.4
(25.9)
−1.0
(30.2)
4.2
(39.6)
10.8
(51.4)
16.0
(60.8)
20.7
(69.3)
23.5
(74.3)
24.9
(76.8)
20.4
(68.7)
14.1
(57.4)
 6.6 −0.5
(31.1)
降水量 mm (inch) 10.4
(0.409)
24.1
(0.949)
28.9
(1.138)
57.6
(2.268)
107.4
(4.228)
128.8
(5.071)
327.2
(12.882)
257.3
(10.13)
143.6
(5.654)
51.6
(2.031)
40.1
(1.579)
16.9
(0.665)
1,193.9
(47.004)
出典: 気象庁[1]

行政区画[編集]

26洞・5里を管轄する。

  • 結城洞(キョルソンドン)
  • 広石洞(クァンソクトン)
  • 広河洞(クァンハドン)
  • 九済洞(クジェドン)
  • 南山洞(ナムサンドン)
  • 大谷洞(テゴクトン)
  • 龍塘洞(リョンダンドン)
  • 芙蓉洞(プヨンドン)
  • 四美洞(サミドン)
  • 山城洞(サンソンドン)
  • セゴリ洞(セゴリドン)
  • 西艾洞(ソエドン)
  • 石美洞(ソンミドン)
  • 石川洞(ソクチョンドン)
  • 仙山洞(ソンサンドン)
  • 乗馬洞(スンマドン)
  • 養士洞(ヤンサドン)
  • 陽地洞(ヤンジドン)
  • 煙霞洞(ヨナドン)
  • 栄光洞(ヨングァンドン)
  • 玉渓洞(オッケドン)
  • 挹坡洞(ウッパドン)
  • 長春洞(チャンチュンドン)
  • 鶴峴洞(ハキョンドン)
  • 海雲洞(ヘウンドン)
  • 海清洞(ヘチョンドン)
  • 神光里(シングァンリ)
  • 煙陽里(ヨニャンリ)
  • 迎陽里(ヨンヤンリ)
  • 鵲川里(チャクチョンリ)
  • 長芳里(チャンバンリ)

歴史[編集]

古朝鮮以降帯方郡に属しており、高句麗は内未忽郡・池城・長池と呼び、新羅文武王以降漢州に所属してから、762年景徳王21年)瀑池と改称し、知性を積んで大陸方面の前衛部に重要視されてきた。

高麗太祖は海に臨んだわけで「海州」と命名されて成宗は初めに牧を置き、続いて節度使を置いて顕宗の時に節度使を廃止して4都護府の1つである安西都護府を置いた。睿宗の時に大都護府に昇格し、高宗の時に牧に還元して朝鮮に継承した。

光海君の時に一時県に降格されたが仁祖元年に回復され、1895年高宗32年)二十三府を設置して海州府となり16郡を管下において1896年十三道を設置して黄海道の道庁所在地となった。

年表[編集]

この節の出典[3]

  • 1920年 - 海州郡海州面が指定面に昇格。
  • 1927年 - 海州郡瀛東面の一部が海州面に編入。
  • 1931年4月1日 - 海州郡海州面が海州邑に昇格。
  • 1936年 - 海州郡瀛東面・西辺面の各一部が海州邑に編入。
  • 1938年10月1日 - 海州郡海州邑が海州府に昇格、郡より離脱。
  • 1940年 - 開港場に指定された。
  • 1943年10月1日 - 碧城郡西席面の一部を編入。
  • 1945年8月15日 - ソ連軍管理下に置かれる。龍塘浦地域は38度線以南に位置するが、アメリカソ連の合意により、最終的に海州府全域がソ連軍管理下に置かれた。
  • 終戦直後 - 海州府が海州市に改称。
  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、黄海道海州市、碧城郡西席面の一部地域をもって、海州市を設置。海州市に以下の里が成立。(3洞20里)
    • 玉渓里・泰峯洞・南川洞・白林洞・海雲里・海清里・四美里・芙蓉里・長春里・養士里・九済里・広石里・広河里・煙陽里・清風里・乗馬里・石川里・王神里・龍塘里・仙山里・石美里・結城里・挹坡里
  • 1954年10月 - 黄海道の分割により、黄海南道海州市となる。同時に黄海南道道庁所在地となる。(3洞20里)
  • 1955年 (17洞6里)
    • 乗馬里が乗馬洞に昇格。
    • 広石里が広石洞に昇格。
    • 海清里が海清洞に昇格。
    • 広河里が広河洞に昇格。
    • 海雲里が海雲洞に昇格。
    • 四美里が四美洞に昇格。
    • 芙蓉里が芙蓉洞に昇格。
    • 長春里が長春洞に昇格。
    • 仙山里が仙山洞に昇格。
    • 養士里が養士洞に昇格。
    • 玉渓里が玉渓洞に昇格。
    • 九済里が九済洞に昇格。
    • 清風里が清風洞に昇格。
    • 王神里が王神洞に昇格。
  • 1957年6月 (15洞6里)
    • 南川洞が泰峯洞・長春洞に分割編入。
    • 長春洞の一部が泰峯洞に編入。
    • 白林洞が芙蓉洞に編入。
  • 1961年3月 (18洞7里)
    • 龍塘里が分割され、龍塘洞・西艾洞が発足。
    • 乗馬洞の一部が分立し、大谷洞が発足。
    • 九済洞の一部が養士洞に編入。
    • 石川里の一部が清風洞に編入。
    • 青丹郡迎陽里、碧城郡神光里を編入。
  • 1963年11月 - 煙陽里が煙霞洞に昇格。(19洞6里)
  • 1965年1月 (22洞5里)
    • 青丹郡鵲川里・長芳里を編入。
    • 石川里が石川洞に昇格。
    • 石美里が石美洞に昇格。
    • 結城里が結城洞に昇格。
  • 1967年 - 鵲川里の一部が分立し、鶴峴洞が発足。(23洞5里)
  • 1972年11月 - 乗馬洞の一部が分立し、山城洞が発足。(24洞5里)
  • 1973年 - 国際貿易港となる。
  • 1977年9月 (24洞5里)
    • 清風洞がセゴリ洞に改称。
    • 泰峯洞が栄光洞に改称。
    • 王神洞が南山洞に改称。
  • 1981年6月 - 挹坡里が挹坡洞に昇格。(25洞4里)
  • 1993年12月 (26洞5里)
    • 鶴峴洞の一部が分立し、陽地洞が発足。
    • 煙霞洞・挹坡洞の各一部が合併し、煙陽里が発足。
    • 鶴峴洞の一部が鵲川里に編入。

経済[編集]

化学セメント造船などの工業が発達している。また、水産業が非常に盛んで、果物などの生産も盛ん。

交通[編集]

教育[編集]

  • 医科大学

海州市出身の人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平年値データ 海州”. 気象庁 (2013年4月). 2013年4月2日閲覧。
  2. ^ Haeju, North Korea Climate Normals 1961-1990”. World Climate Home. 2013年4月1日閲覧。
  3. ^ 황해남도 해주시 역사