軍用イルカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
米海軍海洋哺乳類計画に基づいて訓練されているハンドウイルカ
右ヒレに探知用ビーコンが装着されている。

軍用イルカ(ぐんようイルカ、Military dolphin)は、軍事目的で利用されるイルカである。アメリカ軍が利用中であり、ロシア軍には利用計画が存在した。主な任務としては、ダイバーの救助、及び、機雷の探知等である。1990年代の湾岸戦争、2003年のイラク戦争においては実戦で使用された。

1960年代にアメリカ海軍がイルカの研究を行い、優れた遊泳能力を有する体や運動能力、エコロケーションの研究などが成されて、その研究したフィルムが公開されている。この研究成果は潜水艦やソナーに生かされたとされる。また、軍用にイルカを使う研究も行われ、ベトナム戦争時のカムラン湾にイルカ部隊が配備されたという報告や、1988年のイラン-イラク戦争時にペルシャ湾に配備されたとする説もある。[1]

1989年には、日本の和歌山県太地町から、2頭のハナゴンドウがアメリカ海軍に買い付けられて、報道された。このイルカはハワイのアメリカ海軍基地へ送られたといわれている[1]

メディアにおいてしばしば取り上げられる小話として、アメリカ海軍が軍用イルカに機雷を装着させ、敵の戦闘員もしくは民間人を殺害させる計画を有しているのではないかという噂がある。自爆攻撃による潜水艦の破壊、毒矢の装備、ソナー撹乱機器の装着、イルカ同士の戦闘さえも計画されているとされる。米海軍ではこのような計画を否定しており、その証拠も存在しない。そもそもソナーの撹乱機器装着に至っては、イルカ自体が反響定位を行い、反射音により物体の位置や距離を測定する為、感覚が狂ってしまう恐れもある。

冷戦終了後には軍事予算縮小に伴い、研究施設は減ったともいわれる[1]

ロシア海軍では1990年代にイルカ利用計画を凍結した。米海軍は海洋哺乳類計画にもとづいてカリフォルニア州サンディエゴの基地でイルカおよびアシカの研究および訓練を継続している。イルカ類としてはハンドウイルカマイルカなどが利用されている。

2005年にはハリケーン・カトリーナによって引き起こされた洪水によって、ポンチャートレイン湖の基地で訓練を受けていた軍用イルカが逃亡したと報道された[2]。米海軍はこの報道をナンセンスであると否定しており、現在では都市伝説であると見なされている。

水中警備に問題があるとされた、バンゴール海軍基地に30頭の配備が検討されている。

ロシアでは水中探索に用いられる。アメリカでは要所警護に用いられる[3]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『イルカ・ウォッチング』中村庸夫 p182「イルカが軍事利用されているというのは本当だろうか?」ISBN 4582542239
  2. ^ Armed and dangerous - Flipper the firing dolphin let loose by Katrina | World news | The Observer
  3. ^ “軍用のイルカ・アシカ、水中探索に活用”. ナショナルジオグラフィック日本語版 (National Geographic Society , Nikkei National Geographic Inc.). (2014年4月4日). http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/9084/ 2015年12月8日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]