足木敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足木 敏郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県宝飯郡一宮村(現:豊川市
生年月日 (1934-09-27) 1934年9月27日(83歳)
身長
体重
173 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手 外野手
プロ入り 1953年
初出場 1953年
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

足木 敏郎(あしき としろう、1934年9月27日 - )は、愛知県宝飯郡一宮村(現:豊川市[1]出身の元プロ野球選手

経歴[編集]

豊川高校から1953年名古屋ドラゴンズへ入団したが、試合出場は1953年10月8日の対洋松ロビンス戦で試合途中から右翼手として守備についた1試合のみ(なお、足木に非はないものの、この試合の後で足木が未登録で試合に出場していたことが判明し、名古屋球団がセントラル野球連盟から厳重注意処分を受けた[2])で、翌1954年に僅か2年で現役引退[1]

現役引退後は中日のトレーナー、球団広報、マネージャー、通訳、渉外担当、国際部などを務めた。

球団職員と並行して英会話教室に通い、習得した語学力を生かし、1962年から当時創設された渉外担当として新外国人獲得に尽力。「日本に来る意欲と人柄を見ていた」と3年連続首位打者に輝いたアロンゾ・パウエルを始め、ケン・モッカら北米を中心にこれまで100人強を発掘した。

球界でも異例の在籍期間61年だったが、2013年12月27日に年内で中日を退任することが決まった。現在はその経験を生かし、「月刊ドラゴンズ」にて連載を担当している。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1953 名古屋 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号[編集]

  • 57 (1953年)
  • 38 (1954年)

関連情報[編集]

著書[編集]

連載[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、12ページ
  2. ^ 「プロ野球 記録の手帖」(千葉功著、ベースボールマガジン社刊、2001年)P566。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]