貞数親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

貞数親王(さだかずしんのう、貞観17年(875年) - 延喜16年5月19日[1]916年6月22日))は、平安時代皇親清和天皇の第8皇子。品位は四品。

経歴[編集]

容姿端麗で舞の名手であったと伝えられており、元慶6年(882年)、陽成天皇の主催により清涼殿で開かれた皇太后藤原高子の四十賀において陵王の舞を見せている[2]。この出来事を親王の大叔父である在原業平と藤原高子との関係と結び付け、高子と兄藤原基経[3]との対立の一因、ひいては高子所生の陽成天皇退位につながる伏線とみる解釈もある[4]。ただし先述のように、高子と在原氏(特に業平)との関係が取り沙汰される際に必ず論拠とされる『伊勢物語』の第79段には、貞数親王の誕生時、父親は清和天皇ではなく文子の叔父の業平だと人々が噂したなどとも記述されている。

仁和2年(886年)に行われた藤原時平の元服に際しても親王が召されて舞を踊っており、その翌日には光孝天皇がこれを賞して宮中での帯剣を許すを下している[5]

後撰和歌集』『新拾遺和歌集』に和歌作品が1首ずつ採録されている[6]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『一代要紀』。また生年については『一代要紀』の没年齢42による。
  2. ^ 日本三代実録』元慶6年3月27日条
  3. ^ 『伊勢物語』や『大和物語』などに、在原業平と藤原高子の入内前からの関係が伝えられており、瀧波説において、基経は国母となった高子と在原氏の接近を藤原氏にとって好ましくないものととらえていたとする。
  4. ^ 瀧波貞子「陽成天皇廃位の真相」(朧谷壽・山中章 編『平安京とその時代』(思文閣出版、2009年 ISBN 978-4-7842-1497-6)所収
  5. ^ 『日本三代実録』仁和2年正月20日・21日条
  6. ^ 『勅撰作者部類』

参考文献[編集]

  • 山口博「貞数親王」(『平安時代史事典』(角川書店、1994年) ISBN 978-4-04-031700-7