謝国明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

謝国明(しゃこくめい、生年未詳 - 建長5年(1253年)5月以前)は鎌倉時代中期の貿易商人南宋人。杭州臨安府出身。博多首。(博多綱首とは、博多の唐房に住み、船を所有して日宋貿易に従事した宋人のこと)。博多の伝承では、年越し蕎麦の元祖と伝えられる。

略歴[編集]

建長4年7月12日の『関東御教書』には宗像大社社領であった小呂島に関して、謝国明が妻の地頭を名乗って領有権を主張した[1]ことで宗像大社と領地争いになり[2]、宗像社雑掌が鎌倉幕府に社役対捍を訴え、幕府が謝国明を戒告処分としたことが記録されている[3](その後、宗像大社の小呂島所有が保障されている[3])。

櫛田神社がある櫛田に私邸があった。

寺の承天寺の建立に尽力し、南宋の宗教文化を博多に輸入している。箱崎宮領の筑前国那珂郡の野間・高宮・平原の土地を買い、承天寺に寄進した。承天寺に入室した円爾が南宋で修行した径山が火災で焼失すると、円爾は謝国明に径山復興を依頼し、謝国明は材木1,000板を中国に送っている。

博多の伝承、及び「謝国明之碑」では弘安3年(1280年)10月7日に88歳で死去したとなっているが、建長5年(1253年)5月3日に六波羅探題北条長時が記した『六波羅書下』では「遺領」「遺跡」「後家尼」という表現が使われており、その時点で既に死去していたものとされる。承天寺にある墓の跡と伝えられる場所にはの大木がある。

参考文献[編集]

  1. ^ 『日本海事研究』
  2. ^ 高田茂廣 「島の史跡めぐり」 西区地域振興事業推進委員会 編・福岡市西区役所 監修『福岡史跡ガイド 西区は歴史の博物館』 海鳥社 1995年 ISBN 4-87415-139-6
  3. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編『角川日本地名大辞典40 福岡県』 角川書店 ISBN 4-04-001400-6 1988年

関連項目[編集]