武藤資頼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
武藤資頼
時代 平安時代末期 - 鎌倉時代初期
生誕 永暦元年(1160年
死没 安貞2年8月25日1228年9月24日
官位 大宰少弐
幕府 鎌倉幕府 肥前筑前豊前壱岐対馬守護
主君 平知盛源頼朝
氏族 武藤氏
父母 猶父:武藤頼平
兄弟 猶兄弟:頼高氏平宗平
少弐資能頼茂為頼頼基

武藤 資頼(むとう すけより)は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武将御家人守護

出自[編集]

出自は不詳であるが、藤原道長の後裔と称し、代々が武蔵国知行を持ち、武藤氏を称したという[1]。さらに、鎮西豪族の興亡を記した戦記物によると、「左中将尾張守藤原長頼は、相伝の知行地である武州戸塚郷に下り、武藤中将と称した。その子頼氏は、八幡太郎義家に従って奥州に出陣し、寄懸の紋の旗を賜った」とある。これによれば、頼氏の子孫とする資頼は道長の後裔という説もある[2]

略歴[編集]

資頼は、藤原秀郷の流れを汲む武藤頼平猶子となり武藤氏の名跡を継ぐ。初め平知盛の部将であったが、一ノ谷の戦いのおり知人の梶原景時を頼って投降し、三浦義澄に預けられ、後に赦されて源頼朝の家人となる。頼朝の嫡男・頼家の元服の式典において有職故実の指導をし、ついで奥州合戦に出陣し功を立て、出羽国大泉庄の地頭に任ぜられる。この在任期間中、修験道の本拠・羽黒山領を侵し、羽黒山衆徒と抗争する。

建久2年(1191年)には頼朝の命を受けて、平盛時と共に役人を伊勢国志摩国二国に派遣し平家没官領を巡検させている[3]。同建久年間、九州に派遣されて大宰府の少弐職に任ぜられ、猶父・頼平の甥に当たる大友能直と共に鎮西奉行に就任。さらに、肥前国筑前国豊前国壱岐国対馬国の守護となった。

一介の御家人の身分でありながら、本来公家の官職である大宰少弐に任ぜられたのは資頼が初めてであった。大宰少弐職は資頼の子の資能に継承され、以降世襲となる。資能は少弐を称し、その子孫は北九州の名族の少弐氏として発展した。

脚注[編集]

  1. ^ 『武藤氏系図』
  2. ^ 『北肥戦記』
  3. ^ 大日本史料』第4編之3 380頁

出典[編集]