誠拙周樗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

誠拙周樗(せいせつ しゅうちょ、延享2年(1745年)- 文政3年6月28日1820年8月6日))は、江戸時代中期から後期にかけての臨済宗歌人伊予国の出身。無用道人と号し、諡号は大用国師。

鎌倉円覚寺仏日庵の東山周朝に師事してその法を継ぎ、1783年天明3年)円覚寺前堂首座に就任した。晩年は京都相国寺に移っている。和歌を香川景樹に学び、歌集に「誠拙禅師集」がある。