角運動量演算子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
量子力学
不確定性原理
紹介英語版 · 数学的定式化

量子力学における角運動量演算子演算子の1つで、古典的な角運動量に類似した性質をもつ。

角運動量演算子は、原子物理学回転対称性を含む他の量子問題において中心的な役割を果たす。 古典系と量子系のどちらにおいても角運動量は、線形運動量エネルギーとともに運動の3つの基本的性質の1つである。[1]

角運動量には、全角運動量J、軌道角運動量L、スピン角運動量(またはスピン)Sがある。 紛らわしいが、「角運動量演算子」と言ったときは全角運動量や軌道角運動量のことを指す。 全角運動量は常に保存されている。詳細はネーターの定理を参照。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Introductory Quantum Mechanics, Richard L. Liboff, 2nd Edition, ISBN 0-201-54715-5

参考文献[編集]

  • Quantum Mechanics Demystified, D. McMahon, Mc Graw Hill (USA), 2006, ISBN 0-07-145546 9
  • Quantum mechanics, E. Zaarur, Y. Peleg, R. Pnini, Schaum’s Easy Oulines Crash Course, Mc Graw Hill (USA), 2006, ISBN 007-145533-7 ISBN 978-007-145533-6
  • Quantum Physics of Atoms, Molecules, Solids, Nuclei, and Particles (2nd Edition), R. Eisberg, R. Resnick, John Wiley & Sons, 1985, ISBN 978-0-471-87373-0
  • Quantum Mechanics, E. Abers, Pearson Ed., Addison Wesley, Prentice Hall Inc, 2004, ISBN 978-0-13-146100-0
  • Physics of Atoms and Molecules, B.H. Bransden, C.J.Joachain, Longman, 1983, ISBN 0-582-44401-2