西村卓二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西村卓二1948年8月14日- )は兵庫県西脇市(旧黒田庄町)出身の卓球指導者。現在、東京富士大学の教授で同大学の卓球部も指導している。女子日本代表監督を2001年より務めて2003年の世界卓球選手権ドーハ大会では銅メダルを日本にもたらした。関東学生卓球連盟理事長も務めている[1]

経歴[編集]

卓球は富山市立南部中学校2年の時に始めた[2]富山県立富山商業高等学校に進学し北信越大会で優勝を果たし全日本ジュニアでもベスト8に入った。高校卒業後サラリーマンとなったがその後中央大学に進学し卒業後、1970年代初めより富士短期大学(現東京富士大学)卓球部の指導者となった。2001年10月に女子日本代表監督に就任し2002年アジア競技大会では中国からの帰化選手である羽佳高田佳枝に頼らない代表メンバーを選び[3]梅村礼小西杏高橋美貴江岸田聡子福原愛で銅メダルを獲得した[4]。2003年のアジア卓球選手権でも代表に梅村礼、藤沼亜衣の他に若手の平野早矢香、福原愛、高橋美貴江を抜擢し[5]、2004年の世界選手権ドーハ大会で銅メダル[6]アテネオリンピックでは代表の3選手、梅村礼、藤沼亜衣、福原愛が共にベスト16に入った[2]

これまでに指導した選手のうち、枝野とみえがアジア王者に、長洞久美子神田絵美子が全日本を制している[2]

2010年現在、2人の聴覚障害を持つ学生を大学で指導している。彼女らは第21回デフリンピックの卓球、女子シングルスで銀メダル、銅メダルを獲得した[7]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会長・役員”. 関東学生卓球連盟. 2010年7月26日閲覧。
  2. ^ a b c 監督プロフィール”. 東京富士大学卓球部. 2010年7月26日閲覧。
  3. ^ 日本女子は予選リーグ、2戦2勝”. バタフライ (2002年10月2日). 2010年7月26日閲覧。
  4. ^ 日本女子、北朝鮮に惜敗で銅メダル”. バタフライ (2002年10月5日). 2010年7月26日閲覧。
  5. ^ NT女子・西村卓二監督に聞く”. All About (2003年2月22日). 2010年7月26日閲覧。
  6. ^ 日本女子、香港に敗れて銅メダルに”. バタフライ (2004年3月5日). 2010年7月26日閲覧。
  7. ^ 「日本卓球の中興の祖」が極める指導者の神髄”. 日経ビジネスオンライン (2010年7月26日). 2010年7月26日閲覧。
  8. ^ 元富士短期大学卓球部監督

関連項目[編集]