行波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
行波駅
行波駅Yukaba29CR.jpg
行波駅のホーム(待合施設近辺を線路越しに仰ぐ)
(2006年11月24日)
ゆかば
Yukaba
南河内 (2.6 km)
(2.7 km) 北河内
所在地 山口県岩国市行波
所属事業者 錦川鉄道
所属路線 錦川清流線
キロ程 11.2 km(川西起点)
電報略号 ユカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
74[1]人/日
-2019年-
開業年月日 1971年昭和46年)4月1日
備考 無人駅[2]
1987年(昭和62年)7月25日に、岩日線から現在の第三セクターに転換。
テンプレートを表示
行波駅の出入口(階段)およびホーム(山手側道路からの風景))
(2006年11月24日)

行波駅(ゆかばえき)は、山口県岩国市行波にある錦川鉄道錦川清流線

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線のみの地上駅停留所)。無人駅[2]で駅舎は無く、ホーム上に屋根付きの待合所を備える。単式ホームの岩国方先端部に1カ所、出入口を備える。トイレ、売店(自動販売機含む)の類は無い。

駅前後部分(特に前記駅ホーム出入口付近)の軌道面が駅のすぐ側にある道路面より高くなっているため、駅ホームもそれに合わせて高い位置につくられている《掲載写真画像〔行波駅の出入口(階段)およびホーム(山手側道路からの風景)〕参照》。

駅周辺[編集]

  • 岩国「行波の神舞」関連
    • 荒玉社 - 当駅の南西ないし西南西方向に位置し、駅への階段入口から50m程度。境内前に階段あり[3]
    • 錦川の河原 - 7年に一度の願舞の年に、神舞の全演目が奉納される場所。当駅のホームから見える「岩国行波の神舞」の看板の向こう側にある[注 1]。距離は駅への階段入口から200m程度[4][3]
    • 岩国行波の神舞伝承館 - 「行波の神舞」の伝承を目的とする岩国市立施設。駅への階段入口から南方向に30m前後[2][5]
  • 龍雲寺 - 距離約300m。前出の岩国行波の神舞伝承館を通り過ぎた先にある[3]
  • 観音寺[3]
  • 岩国市中央公民館北河内分館[3]
  • 北河内幼稚園[3]
  • 北河内郵便局[3]
  • 介護老人保健施設 桜の園[3]
  • エディオン北河内店[6]

バス路線[編集]

当駅からほぼ東南東の方向の、当駅とは錦川を挟んで反対側を走る国道187号線上に「行波駅入口」バス停が存在する。駅への階段入口から錦川を越えて500m程度のところに位置[3][7]
2017年11月25日時点で、いわくにバスが毎日4往復(「岩国駅前~北河内駅」間2往復、「錦帯橋~北河内駅」間2往復)運行させている[8]

なお、現在のバス停名称「行波駅入口」について、2016年3月25日以前には「北河内」の名称で運用されていた[9]

隣の駅[編集]

錦川鉄道
錦川清流線
普通
南河内駅 - 行波駅 - 北河内駅

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 岩国行波の神舞』に掲載の写真画像”河岸に「岩国行波の神舞」の看板がある錦川”を参照

出典[編集]

  1. ^ 山口県 駅乗降客数”. 2021年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c 各駅紹介~行波駅”. 錦川鉄道. 2017年11月25日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i Google Maps – 行波駅周辺図 (Map). Cartography by Google, Inc. Google, Inc. 2017年11月25日閲覧
  4. ^ 岩国市行波(行波駅近く) (PDF)”. 山口県. 2017年11月25日閲覧。
  5. ^ これまで応援した祭り~2013年 岩国行波の神舞”. ダイドー祭りドットコム. ダイドードリンコ (2013年). 2017年11月25日閲覧。
  6. ^ エディオン北河内店”. エディオン. 2017年11月25日閲覧。
  7. ^ 行波駅入口(岩国市/バス停)の地図”. マピオン. 2017年11月22日閲覧。
  8. ^ 行波駅入口(ゆかばえきいりぐち)”. NAVITIME. 2017年11月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月25日閲覧。
  9. ^ “バス停の名称変更について” (PDF) (プレスリリース), いわくにバス, (2016年1月25日), http://www.iwakuni-bus.com/info/201603busstopname.pdf 2017年11月25日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]