行波駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
行波駅
行波駅のホーム(待合施設近辺を線路越しに仰ぐ)(2006年11月24日)
行波駅のホーム(待合施設近辺を線路越しに仰ぐ)
(2006年11月24日)
ゆかば
Yukaba
南河内 (2.6km)
(2.7km) 北河内
所在地 山口県岩国市行波
所属事業者 錦川鉄道
所属路線 錦川鉄道錦川清流線
キロ程 11.2km(川西駅起点)
電報略号 ユカ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1971年昭和46年)4月1日
備考 1987年(昭和62年)7月25日に、岩日線から現在の第三セクターに転換。
テンプレートを表示
行波駅の出入口(階段)およびホーム(山手側道路からの風景))
(2006年11月24日)

行波駅(ゆかばえき)は、山口県岩国市行波にある錦川鉄道錦川清流線

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式の1面1線のホームを持つ。駅舎は無く、ホーム上に屋根付きの待合施設がある。列車交換はできない。

  1. 出入口:1ヶ所。ホームの岩国方面側の端にある。
  2. 乗車券類の販売:無し。乗車料金の支払い処理は、列車の車内にて行なう。
  3. 改札口:無し。駅に面する道路から階段にて、直接ホームに出入りする。
  4. 付属施設:
    • 商店(自動販売機を含む):無し。
    • トイレ:無し。

駅周辺[編集]

  • 岩国行波の神舞
    • 荒玉社:神舞を奉納する神社。当駅のホームから山のある方角に見える(南西ないし西南西方向)。駅出入口の階段より徒歩約40m-50m程度。境内前に階段あり。
    • 錦川の河原:7年に一度の願舞の年に、神舞の全演目がここで奉納される。当駅のホームから見える「岩国行波の神舞」の看板の向こう側にある。距離は駅出入口の階段より徒歩約200m。錦川清流線のガード橋をくぐり、錦川を渡る橋(行波橋)の手前に、河原へ下りる道がある。
    • 岩国行波の神舞伝承館:神舞を伝承、保存する為の練習場。これも当駅のホームから屋根の一部分が見える(南方向)。駅出入口より徒歩30m前後。移動中に神舞の公示看板があるので、その右側にある道へと入る(錦川清流線のガード橋はくぐらない)。
  • 龍雲寺:岩国市指定有形文化財の「釈迦牟尼如来坐像」および「阿難・迦葉と十六羅漢」(迦のしんにゅうは2つ点)が、安置されている。距離約300m。岩国行波の神舞伝承館を通り過ぎた先にある。寺前に階段あり。

隣の駅[編集]

錦川鉄道
錦川清流線
普通
南河内駅 - 行波駅 - 北河内駅

関連項目[編集]