藤井彰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井彰
生誕 1942年10月[1]
居住 日本の旗 日本
研究分野 薬理学歯科薬理学
研究機関 St. Thomas Institute (旧 Institutum Divi Thomae)、日本大学
出身校 信州大学、 St. Thomas Institute (旧 Institutum Divi Thomae)
プロジェクト:人物伝

藤井 彰(ふじい あきら、1942年10月[1] - )は、日本歯学者薬理学者日本大学松戸歯学部薬理学講座(口腔分子薬理学講座)教授、総合科学研究所教授、日本大学松戸歯学部臨床薬理学講座(寄付講座)教授を経て、現在、日本大学名誉教授。

経歴[編集]

長野県小県郡中塩田村(現上田市)で生まれる。中塩田小学校、中塩田中学校を卒業後、長野県上田高等学校卒業。1965年信州大学工学部卒業、1970年 St. Thomas Institute大学院理学系研究科修了し、St. Thomas Institute博士研究員、助教授、准教授、日本大学松戸歯学部専任講師、助教授、教授、日本大学総合科学研究所教授、日本大学松戸歯学部寄附講座臨床薬理学講座教授を経て日本大学名誉教授[1][2]

1970年St Thomas Institute(former Institutum Divi Thomae)よりPhD in Chemistry and Biochemistryを得る。論文の題は「Synthesis of omega-aminoacyl-dipeptides of L-histidine and of N2-L-lysine: Their antistaphylococcic and antifibrinolytic activities」

1983年日本大学より歯学博士号を得る。論文の題は「Isopropylantipyrineの抗原性に関する研究 : Isopropylantipyrineおよびその代謝産物のタンパク結合性とその過敏症発現の可能性」[3]

著作[編集]


所属団体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c J-GLOBAL - 藤井 彰 【研究者】”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2010年9月2日). 2011年2月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 教員情報検索:松戸歯学部 歯学科 藤井 彰”. 日本大学. 2011年2月6日閲覧。
  3. ^ 博士論文書誌データベース
  4. ^ 理事・監事・書記  平成22・23年度”. 日本歯科薬物療法学会. 2011年2月6日閲覧。
  5. ^ 日本歯科医学教育学会役員一覧 (平成22年4月1日~平成25年3月31日)”. 日本歯科医学教育学会. 2011年2月6日閲覧。