歯科基礎医学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
歯科基礎医学会
正式名称 歯科基礎医学会
英語名称 Japanese Association for Oral Biology
略称 JAOB
事務局所在地 日本
〒170-0003 
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
財団法人口腔保健協会内
北緯35度44分8.88秒
東経139度44分47.65秒
法人番号 7013305002273
人数 名誉会員85名、永年会員19名、正会員2,040名、学生会員177名、賛助会員10社 (2012年12月1日現在)[1]
理事長 大浦清[1][2]
目的 『歯科基礎医学の進歩発展に寄与する』[3]
活動内容 学術大会の開催
『Journal of Oral Biosciences』の発行
表彰等
活動領域 歯科基礎医学口腔解剖学口腔生理学歯科薬理学口腔微生物学口腔生化学歯科理工学
設立年月日 1959年[1][4]
上位組織 日本歯科医学会
プロジェクト 歯科基礎医学会学会賞歯科基礎医学会ライオン学術賞歯科基礎医学会優秀ポスター発表賞
ウェブサイト http://www.jaob.jp/
テンプレートを表示

一般社団法人歯科基礎医学会(しかきそいがくかい)は、日本における歯学の基礎分野を担う諸分野の総合学会である。基礎歯学系のため、歯科医師はもとより医師薬剤師理学農学理学出身者の研究者が所属している。英語名は Japanese Association for Oral Biology である。日本歯科医学会の専門分科会。

本学会は、基礎歯学分野に従事している研究者が所属しているが、本学会はあくまで基礎系の総合的な学会である。そのため、本学会をベースにするのではなく他の基礎専門分野学会に所属し、年1回の基礎歯科医学会総会に参加し、他基礎専門分野の活動を学ぶことが多い。なお、総会時には各基礎専門分野の会合がとり行われるのが恒例となっている。

概要[編集]

  • 歯科医学に関する基礎歯学分野の相互研究の場を提供する。

2012年9月30日現在会員数2,328名、2013年現在、理事長は大浦清[2][1]

総会[編集]

  • 年1回

学会誌[編集]

  • (2004年から)Journal of Oral Biosciences 年4回発行 ISSN 1349-0079
  • (2003年まで)「基礎歯科医学雑誌」

専門医認定[編集]

  • なし

大会など[編集]

月日 名称 会頭 会場 テーマ 参加者数 備考
2003年 9月18日 - 19日 第45回歯科基礎医学会学術大会・総会 名和橙黄雄 ホテルメトロポリタン盛岡
盛岡市民文化ホール
第42回日本歯科理工学会秋期学術講演会共同開催 [5]
2004年 9月23日 - 25日 第46回歯科基礎医学会学術大会・総会 土肥敏博 広島国際会議場 新たなる発想,大いなる挑戦,輝かしい発展 [6]
2005年 9月29日 - 30日 第47回歯科基礎医学会学術大会・総会 篠田壽 仙台国際センター [7]
2006年 9月22日 - 23日 第48回歯科基礎医学会学術大会・総会 川崎堅三 鶴見大学 歯科医学におけるトランスレーショナルリサーチの展開 [8]
2007年 8月30日 - 31日 第49回歯科基礎医学会学術大会・総会 脇田稔 北海道大学 歯科基礎医学におけるフロンティアスピリット--口腔から全身へ、そして口腔へ-- [9][10][11]
2008年 9月23日 - 25日 第50回歯科基礎医学会学術大会・総会 立川哲彦 TOC有明 歯科基礎医学が発信する21世紀のオーラルバイオサイエンス
副題:エビデンスの集積から統合へ
約1,500名 [12][13]
2009年 9月9日 - 11日 第51回歯科基礎医学会学術大会・総会 前田健康 朱鷺メッセ 次世代をめざした歯科基礎医学の発展、そして未来への架け橋 約800名 [14][15][16]
2010年 9月20日 - 22日 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会 牧村正治 タワーホール船堀 育てよう新たな歯科基礎医学 [17]
2011年 9月30日 - 10月2日 第53回歯科基礎医学会学術大会・総会 竹内宏 長良川国際会議場 世界にさきがける口腔の基礎医学 [18][19]
2012年 9月14日 - 16日 第54回歯科基礎医学会学術大会・総会 清浦有祐 奥羽大学記念講堂 オーラルバイオサイエンスの明日を目指して [20][21]
2013年 9月20日 - 22日 第55回歯科基礎医学会学術大会・総会 滝川正春 岡山コンベンションセンター [22]
2014年 9月25日 - 27日 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会 岡部幸司 福岡国際会議場 口腔から全身への架け橋、口腔基礎医学の展開 [23]
2015年 9月11日 - 13日 第57回歯科基礎医学会学術大会・総会 影山幾男 朱鷺メッセ これからの若手研究者に送るメッセージ
─自利利他─
[24]

加盟団体[編集]

学会賞[編集]

  • 歯科基礎医学会学会賞[1]
  • 歯科基礎医学会ライオン学術賞[1]
  • 歯科基礎医学会優秀ポスター発表賞[1]

入会[編集]

  • 正会員  入会金1,000円、年会費(4月 - 3月)10,000円
  • 学生会員 入会金 1,000円、年会費(4月 - 3月)5,000円

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「専門分科会 歯科基礎医学会」、『日本歯科医学会誌』第32巻、日本歯科医学会東京都千代田区2013年3月、 117頁、 ISSN 0286-164X
  2. ^ a b 歯科基礎医学会”. 日本歯科医学会. 2013年3月21日閲覧。
  3. ^ 歯科基礎医学会会則 (PDF)”. 歯科基礎医学会. 2011年10月27日閲覧。
  4. ^ 歯科基礎医学会”. 大学病院医療情報ネットワーク. 2011年10月27日閲覧。
  5. ^ 第46回 歯科基礎医学会学術大会ならびに総会”. 広島大学大学院医歯薬学総合研究科展開医科学専攻病態制御医科学講座. 2010年12月11日閲覧。
  6. ^ 第46回 歯科基礎医学会学術大会ならびに総会”. 広島大学大学院医歯薬学総合研究科展開医科学専攻病態制御医科学講座. 2010年12月11日閲覧。
  7. ^ 学術大会”. 歯科基礎医学会. 2010年12月11日閲覧。
  8. ^ 第48回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 鶴見大学歯学部生化学講座. 2010年12月11日閲覧。
  9. ^ 第49回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 北海道大学大学院歯学研究科・口腔病態学講座・細胞分子薬理学教室. 2010年12月11日閲覧。
  10. ^ 基礎領域の最新知見が一同に―第49回歯科基礎医学会学術大会・総会開催―”. 歯科界ニュース. 医歯薬出版 (2007年9月7日). 2010年12月11日閲覧。
  11. ^ 「第49回歯科基礎医学会学術大会ならびに総会,夏の札幌で盛大に開催 テーマに"歯科基礎医学におけるフロンティアスピリット--口腔から全身へ,そして口腔へ-"」、『ザ・クインテッセンス』第26巻第11号、クインテッセンス出版東京都文京区、2007年11月、 159-160頁、 ISSN 0286-407X
  12. ^ 第50回歯科基礎医学会学術大会|有明”. 昭和大学歯学部口腔生化学教室. 2010年12月11日閲覧。
  13. ^ 「第50回 歯科基礎医学会学術大会」開催される”. 歯科界ニュース. 医歯薬出版 (2008年9月26日). 2010年12月11日閲覧。
  14. ^ 第51回 歯科基礎医学会学術大会・総会”. 新宣. 2010年12月11日閲覧。
  15. ^ 「今後の歯科界を見据えた企画が充実―第51回歯科基礎医学会学術大会開催される―」、『歯界展望』第114巻第5号、医歯薬出版東京都文京区、2009年11月、 843頁、 ISSN 0011-8702
  16. ^ 第51回歯科基礎医学会学術大会開催される”. 歯科界ニュース. 医歯薬出版 (2009年9月14日). 2010年12月11日閲覧。
  17. ^ 第52回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 2010年12月11日閲覧。
  18. ^ 第53回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 2011年9月10日閲覧。
  19. ^ 「第53回歯科基礎医学会学術大会・総会盛大に開催される 大会テーマに「世界にさきがける口腔の基礎医学」」、『ザ・クインテッセンス』第30巻第12号、クインテッセンス出版東京都文京区、2011年12月、 216頁、 ISSN 0286-407X
  20. ^ 学術大会”. 2011年10月27日閲覧。
  21. ^ 「9~11月の学会案内」、『歯界展望』第120巻第3号、医歯薬出版東京都文京区、2012年9月、 577-581頁、 ISSN 0011-8702
  22. ^ 学術大会”. 2012年9月15日閲覧。
  23. ^ 第56回歯科基礎医学会学術大会・総会”. 2014年9月15日閲覧。
  24. ^ 第57回 歯科基礎医学会学術大会”. 2015年1月30日閲覧。

外部リンク[編集]