大浦清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大浦清
研究分野 薬理学
研究機関 大阪歯科大学
出身校 大阪歯科大学
プロジェクト:人物伝

大浦 清(おおうら きよし)は、日本歯学者歯科医師大阪歯科大学薬理学講座教授。歯科基礎医学会理事長[1]

経歴[編集]

1975年大阪歯科大学卒業、1979年同大学院修了[2]。以後同大学講師、助教授を経て1991年より教授に就任[2][3]

著書[編集]

所属団体[編集]

学職
先代:
上西秀則
歯科基礎医学会 理事長
2012年4月1日 -
次代:
(現職)
先代:
松本圭司
2010年 - 2011年(2009年会長代行)
ピエールフォシャールアカデミー国際歯学会日本部会 会長
2012年 - 2013年
次代:
(現職)
先代:
高江洲義矩
第46回
1998年
幕張メッセ
国際歯科研究学会日本部会総会・学術大会 大会長
第47回
1999年
神戸国際会議場
次代:
安孫子宜光
第48回
2000年
日本大学
先代:
石川武憲
第21回
2002年
日本歯科薬物療法学会 学術大会 大会長
第22回
2003年
次代:
天笠光雄
第23回
2004年
先代:
椎木一雄
第14回
2005年
いわき市総合保健福祉センター
日本口腔感染症学会総会 総会長
第15回
2006年
大阪国際交流センター
次代:
金子明寛
第16回
2007年
はまぎんホールヴィアマーレ
先代:
–玄景華
第19回
2012年
じゅうろくプラザ
日本歯科医療福祉学会大会および総会 大会長
第20回
2013年
大阪歯科大学
次代:

脚注[編集]

  1. ^ a b 歯科基礎医学会”. 日本歯科医学会. 2013年3月21日閲覧。
  2. ^ a b 新歯科衛生士教本 薬理学 著者略歴”. 医歯薬出版. 2013年3月21日閲覧。
  3. ^ 新歯科衛生士教本 薬理学 第2版 著者略歴”. 医歯薬出版. 2013年3月21日閲覧。
  4. ^ 役員一覧”. 日本歯科医学会. 2013年3月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l 研究者情報”. J-GLOBAL. 科学技術振興機構 (2009年4月28日). 2013年3月21日閲覧。
  6. ^ 一般社団法人日本歯科薬物療法 平成24・25年度 役員”. 日本歯科薬物療法学会. 2013年3月21日閲覧。
  7. ^ 役員名簿”. 日本口腔感染症学会. 2013年3月21日閲覧。
  8. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2013年3月21日閲覧。
  9. ^ 1-c. 組織図”. 硬組織再生生物学会. 2013年3月21日閲覧。
  10. ^ 国際歯科研究学会日本部会会報 2001-1 (PDF)”. 国際歯科研究学会日本部会. 2013年3月21日閲覧。
  11. ^ PFA日本部会役員・理事名簿”. ピエールフォシャールアカデミー国際歯学会日本部会. 2013年3月21日閲覧。