日本歯周病学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本歯周病学会
正式名称 日本歯周病学会
英語名称 The Japanese Society of Periodontology
略称 JSP
組織形態 特定非営利活動法人
事務局所在地 日本
〒170-0003 
東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル
財団法人口腔保健協会内
北緯35度44分8.88秒
東経139度44分47.65秒
法人番号 5013305000857
人数 8,676名 (2011年9月30日現在)[1]
理事長 栗原英見[2]
活動内容 学術大会の開催
『日本歯周病学会会誌』の発行
専門認定
表彰等
活動領域 歯周病学
設立年月日 1958年9月22日(日本歯槽膿漏学会として) [3]
前身 歯槽膿漏症の研究班
上位組織 日本歯科医学会
関連組織 賛助会員:朝日医理科医歯薬出版エルバ花王グラクソ・スミスクライン合同酒精小林製薬佐藤製薬サンスター三宝製薬ジーシー松風昭和薬品化工ジョンソン・エンド・ジョンソンタカラベルモントデンツプライ三金トクヤマデンタルニッシン日本歯科薬品バイオメット3iジャパン白水貿易白鵬Hu-Friedy Japanモリタヨシダ、ライオン、YDMわかもと製薬
プロジェクト 日本歯周病学会認定歯周病専門医日本歯周病学会認定歯科衛生士、日本歯周病学会学会賞、日本歯周病学会学術賞、日本歯周病学会奨励賞、日本歯周病学会会誌賞、日本歯周病学会教育賞、日本歯周病学会優秀優秀臨床ポスター賞、ベストハイジニスト賞、日本歯周病学会功労賞
ウェブサイト http://www.perio.jp
テンプレートを表示

特定非営利活動法人日本歯周病学会(にほんししゅうびょうがっかい、THE JAPANESE SOCIETY OF PERIODONTOLOGY;JSP)は、日本における歯周病に関わる調査・研究を行っている学術団体であり、日本の歯科関連主要学会の一つ。平成15年に特定非営利活動法人となっている。日本歯科医学会の専門分科会

近接学術団体として、日本臨床歯周病学会があり、当学会と両方所属している学会員も多い。こちらの学会は、より臨床現場に近い環境中での調査・研究をおこなっている。

概要[編集]

  • 歯周疾患の調査・研究。
  • 歯科医師のスキルアップ、情報提供。
  • 歯科衛生士のスキルアップ、情報提供。
  • 会員数:8,676名 (2011年9月30日現在)

総会[編集]

  • 年2回(春季、秋季)

学会誌[編集]

専門医認定[編集]

学会賞[編集]

  • 日本歯周病学会奨励賞

入会[編集]

  • 一般会員 - 年額9000円

大会等[編集]

月日 名称 会長 会場 テーマ 参加者数 備考
2011年 9月23日~24日 第54回秋季日本歯周病学会学術大会 栗原英見 下関グランドホテル
海峡メッセ下関
連携医療に見られる歯周病治療 約1,600名 [4]
2012年 5月17日~19日 第55回春季日本歯周病学会学術大会 古市保志 札幌コンベンションセンター 参加者全員で考える歯周病治療
- その原点と未来 -
約2,100名 [6][7]
2012年 9月23日 第55回秋季日本歯周病学会学術大会 伊藤公一 つくば国際会議場 歯周治療のリスクマネジメント
- その時あなたならどうしますか -

[8][9]

2013年 5月31日~6月1日 第56回春季日本歯周病学会学術大会 山本松男 タワーホール船堀 Gingival marginを見つめなおす [10]
2013年 9月22日 第56回秋季日本歯周病学会学術大会 吉江弘正 [11]
2014年 5月23日~24日 第57回春季日本歯周病学会学術大会 渋谷俊昭 [11]
2014年 10月19日 第57回秋季日本歯周病学会学術大会 和泉雄一 神戸国際展示場 歯周病学 温故知新 [12]
2015年 5月15日~16日 第58回春季日本歯周病学会学術大会 沼部幸博 [11]

加盟団体[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 特定非営利活動法人 日本歯周病学会”. 日本歯科医学会. 2011年11月7日閲覧。
  2. ^ 沿革・歴史 日本歯周病学会 2017年8月22日閲覧
  3. ^ 今川与曹日本歯周病学会結成10周年に思う (PDF) 」 、『日本歯周病学会会誌』第10巻第1号、日本歯周病学会、1968年9月、 37-43頁、 doi:10.2329/perio.10.37ISSN 0385-0110NAID 110006203810JOI:JST.Journalarchive/perio1968/10.372011年11月7日閲覧。
  4. ^ 「日本歯周病学会2011秋季学術大会(第54回)は下関で開催 医療連携、ペリオドンタルメディシンの現場の声多く披露される」、『ザ・クインテッセンス』第30巻第12号、クインテッセンス出版東京都文京区、2011年12月、 216頁、 ISSN 0286-407X
  5. ^ 第55回春季日本歯周病学会学術大会”. 北海道医療大学歯学部口腔機能修復・再建学系歯周歯内治療学分野/コンベンションリンケージ. 2012年9月22日閲覧。
  6. ^ 「第55回春季日本歯周病学会学術大会盛大に開催 全員参加型・臨床シンポジウムが活況を呈する」、『ザ・クインテッセンス』第31巻第8号、クインテッセンス出版東京都文京区、2012年8月、 216-217頁、 ISSN 0286-407X
  7. ^ 「3~5月の学会案内」、『歯界展望』第119巻第3号、医歯薬出版東京都文京区、2012年3月、 553-554頁、 ISSN 0011-8702
  8. ^ 第55回秋季日本歯周病学会学術大会”. 日本大学歯学部保存学教室歯周病学講座/コンベンションリンケージ. 2012年9月17日閲覧。
  9. ^ 「9~11月の学会案内」、『歯界展望』第120巻第3号、医歯薬出版東京都文京区、2012年9月、 577-581頁、 ISSN 0011-8702
  10. ^ 第56回春季日本歯周病学会学術大会”. 昭和大学歯学部歯周病学講座/コンベンションリンケージ. 2013年3月4日閲覧。
  11. ^ a b c 学術大会案内”. 日本歯周病学会. 2013年3月4日閲覧。
  12. ^ 第57回秋季日本歯周病学会学術大会”. 医歯薬出版. 2014年10月25日閲覧。

外部リンク[編集]