薩摩大口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
薩摩大口駅
さつまおおくち
Satsuma-Ōkuchi
所在地 鹿児島県大口市里2873番地
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
日本国有鉄道(国鉄)
電報略号 オオ
駅構造 地上駅
ホーム 3面4線
開業年月日 1921年(大正10年)9月11日
廃止年月日 1988年(昭和63年)2月1日
乗入路線
所属路線 JR logo (kyushu).svg山野線
キロ程 37.0km(水俣起点)
郡山八幡 (2.9km)
(4.8km) 西菱刈
所属路線 Japanese National Railway logo.svg宮之城線
キロ程 66.1km(川内起点)
羽月 (3.8km) (3.8km)
備考 1987年(昭和62年)1月10日 - 宮之城線廃止
テンプレートを表示

薩摩大口駅(さつまおおくちえき)は、かつて鹿児島県大口市里(現・伊佐市大口里)に設置されていた、九州旅客鉄道(JR九州)の廃駅)である。

大口市(当時)の中心駅であり、大きな木造の駅舎があった。混合ホーム2面3線と行き止まりの0番線(国鉄宮之城線廃止の際に、使用停止)の他、多くの側線を持った地上駅であった。当駅は水俣起点37.0km(山野線)、川内起点66.1km(宮之城線)の地点に位置しており、宮之城線の終点駅であった。

また、構内には吉松機関区薩摩大口機関支区があった。山野線はJR九州に継承されたが国鉄再建法により第2次特定地方交通線として廃止され、それに伴い1988年昭和63年)2月1日に廃駅となった。

乗り入れていた路線[編集]

山野線宮之城線が乗り入れていた要衝で、機関支区もあったように大きな構内であった。栗野方面への列車が比較的多かったほか、県中心部への連絡として、栗野(山野線)・川内(宮之城線)経由共に西鹿児島(当時)までの直通列車の設定があった。

駅構造[編集]

単式・島式混合のホーム2面3線、および行き止まりの0番線を含む計3面4線を有しており、構内に吉松機関区薩摩大口機関支区があったため多くの側線も有していた。また、当駅廃止時には宮之城線は既に廃止されていたため、宮之城線の発着ホームだった0番線は使用されていなかった。

廃止時まで直営駅だったため、駅員が配置されていた。

のりば[編集]

0 宮之城線 下り 宮之城川内方面 1987年の宮之城線廃止に伴い使用休止
1 山野線 上り 山野水俣方面
2 山野線 下り 栗野方面
3 山野線 下り 栗野方面

歴史[編集]

薩摩大口駅上空航空写真。上方が水俣駅方面、下方は栗野駅川内駅方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
  • 1921年(大正10年)9月11日 - 山野軽便線の栗野 - 山野間の開通に伴い、開業[1]
  • 1937年(昭和12年)12月12日 - 宮之城線が薩摩永野から当駅まで延伸し、山野線との接続駅となる[2][3]
  • 1963年(昭和38年) - 山野駅(山野線)と羽月駅(宮之城線)の貨物取り扱いを統合[1]
  • 1964年(昭和39年) - 出水 - 宮崎間の準急「からくに」(1966年3月に急行格上げ、1972年3月に無名の快速に格下げ)の停車駅となる[1]
  • 1987年(昭和62年)
  • 1988年(昭和63年)2月1日 - 山野線(水俣-栗野間)の全線廃止に伴い、廃駅となる[2]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
山野線
郡山八幡駅 - 薩摩大口駅 - 西菱刈駅
日本国有鉄道
宮之城線
羽月駅 - 薩摩大口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『大口市郷土史 下巻』 p.366 大口市 1978年
  2. ^ a b c 『日本鉄道旅行地図帳 12号 九州沖縄』 p.50 新潮社
  3. ^ 記念スタンプ「逓信省告示第3984号」『官報』1937年12月10日(国立国会図書館デジタルコレクション)

関連項目[編集]