東水俣駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東水俣駅
ひがしみなまた
Higashi-Minamata
水俣 (2.6km)
(3.7km) 肥後深川
所在地 熊本県水俣市長野17番地
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 山野線
キロ程 2.6km(水俣起点)
電報略号 ヒミ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1934年(昭和9年)4月22日
廃止年月日 1988年(昭和63年)2月1日
備考 無人駅
テンプレートを表示

東水俣駅(ひがしみなまたえき)は、かつて熊本県水俣市長野17番地に設置されていた、九州旅客鉄道(JR九州)山野線廃駅)である。山野線の廃止に伴い、1988年昭和63年)2月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

廃止時の駅構造[編集]

  • 1面1線の単式ホームと側線1本を有する地上駅であった。
  • 無人駅であった。
  • 有人駅時代にはホームに上がる階段の前に駅舎があったが、無人化後に取り壊され、廃止時にはホームとその上の待合所を有するのみの簡素な駅となっていた。

駅周辺[編集]

現在[編集]

線路跡を利用した自転車・歩行車道「日本一長い運動場」の休憩ポイントとして、公衆トイレやベンチがある。また、ホームへ続いていた階段が今でも残っている。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
山野線
水俣駅 - 東水俣駅 - 肥後深川駅

関連項目[編集]