蕭統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

蕭 統(しょう とう、中興元年(501年9月 - 中大通3年4月6日531年5月7日))は、中国南朝の皇族。徳施襄陽で生まれた。武帝蕭衍の長子で皇太子に立てられていたが、父に先立って死去した。昭明太子(しょうめいたいし)の諡号で知られる。母は貴嬪(側室)丁令光。廃帝豫章王蕭棟の祖父、後梁の宣帝蕭詧の父である。

3歳で『論語』『孝経』を読み、5歳で五経を全て読破したと言われる聡明な人物で、武帝の皇太子として、成人してからは国政に携わり、民衆に仁政を行った。また、文章家としても後世に知られている。

蔵書3万巻を持っていたと言われる蕭統の傍には優れた文人が集まり、それらの助けを借りて各種の名文を集めた『文選』を編纂した。

後、舟遊びの際に水に転落し、それが元で病気を発して死去した。またその蔵書も、江陵元帝西魏によって滅ぼされた時に灰燼に帰した。

その後、息子である蕭詧が江陵で、西魏政権の手によって後梁天子として即位させられた時に、蕭統にも高宗昭明帝と追号された。

子女[編集]

伝記資料[編集]