蓮見圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蓮見 圭一(はすみ けいいち、1959年10月1日 - )は、日本小説家

秋田県秋田市[1]出身。立教大学[1]。雑誌編集者や新聞記者を経て、2001年大阪万博をテーマにした『水曜の朝、午前三時』で作家としてデビュー。同作は児玉清の推薦文が付いたこともあり、ベストセラー[1]になった。記者時代に埼玉愛犬家連続殺人事件を取材し、共犯者の一人の手記を代筆した経験がある。その手記を改題・加筆修正したのが『悪魔を憐れむ歌』である。

作品[編集]

  • 水曜の朝、午前三時 2001年11月、新潮社、のち文庫
  • ラジオ・エチオピア 2003年6月、文藝春秋、のち文庫
  • 悪魔を憐れむ歌 2003年12月、幻冬舎
  • そらいろのクレヨン 2004年7月、講談社、「かなしぃ。」新潮文庫
  • 心の壁、愛の歌 2005年6月、角川書店、「誰の中にでもいる彼」文庫
  • 八月十五日の夜会 2008年7月、新潮社、のち文庫
  • 別れの時まで 2011年5月、小学館
  • 夜と朝のあいだに 2011年9月、角川書店

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「水曜の朝、午前三時」 ISBN 978-4101251417 著者略歴