萌えスロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

萌えスロ(もえスロ)とはパチスロ機の中でも、特に液晶画面での演出において「萌え」に重点を置いた機種の俗称である。パチスロ機の中でも5号機に多く見受けられる。

概要[編集]

萌えスロの原型は1999年ごろから存在した。『温泉天国』(テクノコーシン)や『マジカルポップス』(山佐)のようなオリジナルの萌えキャラを用いたパチスロは存在したが液晶画面もなく、せいぜいパネルに萌えキャラが描かれているくらいであり販売台数も少なくホールの主流とはならなかった。

2000年代に入り多くのパチスロ機において液晶画面が搭載されるようになったことからパチスロのゲーム性の1つとして出玉性能やいわゆる「出目」、リール制御などの従来から存在する要素に加え新たに液晶画面における演出が重要な役割を帯びるようになった。

しかし4号機の時代は、「萌え」は液晶画面に表示されるさまざまな演出の中の一要素に過ぎなかった。一部マニアの間では『スーパーブラックジャック』『リオデカーニバル』(いずれもネット)に登場するリオや『押忍!番長』(大都技研)の操などに高い人気が集まるなどの現象も見られたもののメーカー自身が「萌え」をメインに据えた機種やキャラクターを開発するケースはほとんど見られなかった。

ところが5号機の時代に入った2005年以降、出玉性能などの面で従来に比べ大きな法的規制が加わったことからパチスロメーカーは新機種において液晶画面での演出により重きを置かざるを得なくなった。そのため、5号機ではアニメや芸能人とのタイアップ機が数多く登場することになったが、その中でも「萌え」的要素が強い『サクラ大戦』(エレコ・アルゼ)、『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』(JPS)といったタイアップ機種が比較的高い人気を集めたことから2006年後半以降パチスロメーカーが「萌え」を演出のメインに据えた機種を数多く開発するようになった。

そのため、(萌えスロを含む)近年のパチンコ・パチスロは大半が漫画・アニメなどから起用したタイアップ機で占められており、機種の人気に関してはタイアップ元(著作権者)の恩恵を受けている面が強い。ただし、一方で『マジカルハロウィンシリーズ』や(KPE)『ツインエンジェルシリーズ』(サミー)のように、メーカーオリジナルのキャラクターを起用して人気を集めるケースも存在している。

主な機種[編集]

同じキャラや世界観が登場するものは同一項目にまとめる

4号機以前[編集]

5号機[編集]

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]