菟足神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菟足神社
Le Temple Shintô Utari-jinja - Le haiden (La construction du culte).jpg
拝殿
所在地 愛知県豊川市小坂井町字宮脇2番地の1
位置 北緯34度47分50.5秒
東経137度21分56.9秒
座標: 北緯34度47分50.5秒 東経137度21分56.9秒
主祭神 菟上足尼命
社格 式内社(小)
県社
創建 (伝)白鳳15年(686年
本殿の様式 流造
例祭 4月第2日曜日
主な神事 風祭り、田祭り
テンプレートを表示

菟足神社(うたりじんじゃ)は、愛知県豊川市小坂井町字宮脇にある神社延喜式内社。旧社格県社

祭神[編集]

祭神は以下の1柱である。

  • 菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)

歴史[編集]

祭神の菟上足尼命(うなかみすくねのみこと)は、孝元天皇の末裔、葛城襲津彦命(かつらぎそつひこのみこと)四世の玄孫にあたり、雄略天皇の治世に穂の国(現在の東三河)国造に任ぜられたという。葛城襲津彦命は、仁徳天皇の皇后磐之姫媛命の父にあたり、大和国葛城の豪族として大きな権力を持っていたとされる。菟上足尼命は、没後、顕著な殖産、治民の功によって、三河国平井の柏木浜に奉斎され、天武天皇の治世、白鳳15年(686年4月11日に、秦石勝(はたのいしかつ)により、現在地に遷座されたという。

貞観6年(864年)には、神階が従五位下に進み、延喜式神名帳にもその名が見える。 明治維新の天皇東行の際には、勅使の参向を受けた。明治11年(1878年)には、有栖川宮熾仁親王御宸筆の社号軸を受けた。大正7年(1918年)には、郷社から県社に昇格した。

祭り[編集]

  • 風(かざ)まつり - 菟足神社で毎年4月の第2土・日曜日に開催。手筒花火や打ち上げ花火などが奉納され、山車も出る。
  • 田まつり - 旧暦1月7日

文化財[編集]

重要文化財(国指定)[編集]

愛知県指定有形文化財[編集]

愛知県指定無形民俗文化財[編集]

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス

鉄道

境内[編集]

関連図書[編集]

  • 菟足神社 志留倍

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1](観光協会サイト)
  • [2]菟足(うたり)神社 風まつり 手筒花火 [豊川] [2013-04-13]