菊池重三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菊池 重三郎(きくち しげさぶろう、1901年7月3日-1982年4月16日)は、日本の作家翻訳家

経歴[編集]

宮崎県臼杵郡北方村(延岡市) で生まれる[1]。1920年、旧制日本大学中学校(現在の日本大学第一高等学校)卒業、1925年、立教大学文学部英文科を卒業[2]。1925年から3年間、麻布中学校の英語教師を務め、1928年渡欧し、1930年帰国[3]

研究社春秋社新潮社に勤務し、傍ら文筆活動にも努める[4]

新潮社で、1950年「芸術新潮」編集代行として創刊から62号まで携わり、1955年退職[5]

晩年の島崎藤村と交流があり、1947年木曾馬籠藤村記念館の設立に尽している[6]。『馬籠』を書いたほか、『チップス先生さようなら』などを訳し、1968年には、「故郷の琴」で[7]、宮崎県文化賞を受賞[6]1982年4月16日心不全のため逝去した[6]

著書・翻訳書[編集]

著書[編集]

  • 『冬の仕度』、大地舎、1927年
  • 『欧羅巴物語』、研究社 1931年
  • 『霧と光の消息 続欧羅巴物語』、春秋社、1934年
  • 『馬籠 藤村先生のふるさと』東京出版 1946年
  • 『世界探検物語』豊島与志雄と共著 新潮社 1948年
  • 『英吉利乙女』、暮しの手帖社 1951
  • 『鸚鵡の宿』新潮社、1955年
  • 『ヤコブの梯子』、河出書房 1956年
  • 『天国のふもと』、新潮社、1959年
  • 『木曽路の旅 自然と人と』秋元書房、1962年
  • 『閉じられた都ラサ・南極のスコット』 (ジュニア版 世界の名作)、国土社、1965年
  • 『故郷の琴』、三彩社、1968年
  • 『空から来たカルテロ』、三彩社、1969年
  • 『木曽妻籠』、東京新聞出版局、1972年

翻訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  2. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  3. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  5. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報
  6. ^ a b c 読売新聞、1982年4月17日付夕刊、P.11
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報

参考文献[編集]

  • 日本文藝家協会・編『文藝年鑑』新潮社