菊地勇樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
菊地 勇樹
Yuki Kikuchi
Kikuchi yuki.jpg
引退
ポジション(現役時) フォワード
背番号(現役時) 12
身長(現役時) 192cm  (6 ft 4 in)[1]
体重(現役時) 85kg (187 lb)[1]
血液型 AB[2]
基本情報
ラテン文字 Yuki Kikuchi
誕生日 (1980-08-07) 1980年8月7日(36歳)
日本の旗 日本
出身地 秋田県
ドラフト 2010年 ドラフト外 
選手経歴
2010-2013 秋田ノーザンハピネッツ

菊地 勇樹(きくち ゆうき、1980年8月7日 - )は、日本のバスケットボール選手である。ポジションはフォワード。素早い動作から放たれるスリーポイントショットを得意とした[3]

秋田県出身。1996年から1998年にかけて秋田県立能代工業高等学校バスケットボール部に所属し、同級生の田臥勇太若月徹と共にインターハイ国体ウィンターカップの3年連続3冠制覇に貢献した[3]

2010年から、2013年6月に引退するまで秋田ノーザンハピネッツに所属し、2011年から2012年のシーズンには活躍が評価されコミッショナー特別賞を受賞した[4]

来歴[編集]

1980年、秋田県南秋田郡飯田川町(後の潟上市)に生まれる。羽城中学校3年時に全国中学校体育大会に出場し、同級生の高橋憲一らとともにベスト16入り。既に身長190cmに達していたこともあり、当時のポジションはセンターであった[3]

高校進学にあたっては福井北陸高校から勧誘があり、同高OBの佐古賢一からも電話で直接誘われたが、地元の名門能代工業高校に進学した[3]。入学直後に監督の加藤三彦によってセンターからフォワードにコンバートされ、シューターに転身。スリーポイントシュートを武器に田臥勇太、若月徹と共に3年連続3冠に貢献し[3]、ジュニア日本代表にも選ばれ世界選手権も経験した。

高校卒業後は専修大学に進み[3]、4年時には同期の青木康平らとともにインカレ初優勝を達成し、ヤングメンアジア選手権にも出場した。大学卒業後は秋田で就職するとともに、クラブチームの三種体協琴丘[5]で競技を続け[3]、2008年にオールジャパン出場。1回戦で高校の後輩でもある梁川禎浩擁する筑波大学、2回戦でJBL2に所属していた千葉ピアスアローバジャーズを降し3回戦まで進んだ[6]。一方でクラブ日本一も経験し、国体秋田選抜にも名を連ねた。

2010年、秋田ノーザンハピネッツ設立と共に、ドラフト外で入団[7]初年度は出場時間158分に留まり、得意の3ポイントショットも成功13本、成功率20.3%に過ぎなかった。しかし2年目は出場時間1154分と飛躍的に増加、3ポイントシュートも成功114本、成功率31.6%まで上昇。コミッショナー特別賞を受賞した[4]

3年目となる2012-13シーズン、2012年10月13日の開幕戦で18得点を挙げMVPに選ばれる幸先の良いスタートを切った[8]。しかしその後は怪我の影響もあり出場時間を伸ばせず[9][10]、チームもプレイオフセミファイナルで敗れた。そしてシーズン終了後の2013年6月、本人の希望により現役を引退した[11]。引退後は三種体協琴丘に復帰している[12]

日本代表歴[編集]

  • 1998年アジアジュニア選手権
  • 1999年世界ジュニア選手権
  • 2000年ヤングメンアジア選手権

脚注[編集]

  1. ^ a b 選手プロフィール”. 秋田ノーザンハピネッツ. 2013年2月4日閲覧。
  2. ^ 『bjリーグ オフィシャルガイドブック 2012-2013』 bjリーグ2012年10月6日
  3. ^ a b c d e f g 伊藤耕平 『最強チーム勝利の方程式 能代工バスケ部物語』 日刊スポーツ出版社、2013年1月3日、初版、164-180頁。ISBN 978-4-8172-0300-7
  4. ^ a b “シーズン、アワード受賞者発表” (プレスリリース), bjリーグ, (2013年2月4日), http://bjleague.livedoor.biz/archives/51839128.html 
  5. ^ 旧・琴丘体育協会
  6. ^ 3回戦ではJBLアイシンシーホースに大敗した
  7. ^ “菊地勇樹選手☆選手契約基本合意★秋田NH練習生獲得のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2010年7月29日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/89 2013年2月5日閲覧。 
  8. ^ 遠藤卓之; 喜田良直 (2012年10月14日). “秋田NH、接戦制す”. 秋田魁新報 (秋田県) 
  9. ^ 【ハピネッツのここを見よっ!】第10回目#12菊地勇樹選手”. 秋田ノーザンハピネッツ (2013年4月20日). 2013年6月28日閲覧。
  10. ^ 2012-2013選手情報 菊地勇樹”. bjリーグ. 2013年6月28日閲覧。
  11. ^ “【菊地勇樹選手】選手契約満了および引退のお知らせ” (プレスリリース), 秋田ノーザンハピネッツ, (2013年6月28日), http://www.plus-blog.sportsnavi.com/akitapro/article/1981 2013年6月28日閲覧。 
  12. ^ 佐藤亮真 (2014年4月24日). “県春季男女総合バスケ JR秋田中心にV争い”. 秋田魁新報 (秋田魁新報社): p. 14 

関連項目[編集]