筑波大学男子バスケットボール部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

筑波大学男子バスケットボール部(つくばだいがくだんしバスケットボールぶ)は、関東大学バスケットボール連盟に所属する筑波大学の男子バスケットボールチームである。

歴史[編集]

東京高等師範学校バスケットボール部として1927年に創部。

全日本大学バスケットボール選手権大会には東京教育大学時代を含め第1回より全大会出場を続けている唯一のチームである。第5回大会(1953年)、第66回大会(2014年)、第67回大会(2015年)では優勝を果たしており、今日まで唯一の国立大学による優勝である。1955年にも第30回全日本総合バスケットボール選手権大会で優勝している。毎年春に、日本体育大学との交流戦「通称ニッツク戦・NITTUKU BASKETBALL FESTIVAL」(伝統の一戦)を代々木体育館で行っている。2011年東北地方太平洋沖地震(東北地震)で開催が危ぶまれたが両校の学生達の努力で実施された。

主な歴代所属選手[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]