荻内勝之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荻内 勝之(おぎうち かつゆき、1943年8月1日 - )は、スペイン文学者、東京経済大学教授。

神戸市外国語大学イスパニア学科卒、バルセロナ大学文学部イスパニア研究科卒、神戸外大大学院修士課程修了、1970年東京経済大学専任講師、助教授を経て1989年教授。 

神戸市外大で『ドン・キホーテ』の訳者であった高橋正武の教えを受け、セルバンテスの晩年の長篇作品を訳し、四番目となる『ドン・キホーテ』完訳を刊行した。児童文学の創作や『好色五人女』の研究も行うユニークな文学研究者である。

著書[編集]

  • ドン・キホーテの食卓 新潮社 1987.5(新潮選書)
  • スペイン・ラプソディ プロフェソール・オギウチのスペイン“的"ウォッチング 狂詩曲 主婦の友社 1989
  • コロンブスの夢 篠田有史共著 新潮社 1992(とんぼの本)
  • おっ父ったんが行く 福音館書店 1994(福音館日曜日文庫)

翻訳[編集]

  • ウナムーノ著作集 5 内部の調 法政大学出版局 1973
  • フェデリコ・ガルシーア・ロルカ 3巻(1931-1936) 五年経ったら-戯曲 牧神社出版 1975
  • ペルシーレスとシヒスムンダの冒険 セルバンテス 国書刊行会「世界幻想文学大系」(全2巻) 1980
    ちくま文庫「ペルシーレス」(上下) 1994/水声社「セルバンテス全集 第7巻」2017。改訳版 
  • 豚の戦記 ビオイ=カサーレス 集英社「ラテンアメリカの文学」 1983、集英社文庫 1994
  • 太鼓に踊る A.ウスラル=ピエトリ 集英社ギャラリー「世界の文学」 集英社 1990.2
  • 国王 スペイン国王ドン・フアン・カルロスI世との対談、ホセ・ルイス・デ・ビラジョンガ オプトコミュニケーションズ 1994.6
  • ドン・キホーテ(全4巻) セルバンテス 新潮社 2005.10