好色五人女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

好色五人女』(こうしょくごにんおんな)は、江戸時代浮世草子。作者は井原西鶴で、好色物の3作目。挿絵は吉田半兵衛。1686年貞享3年)大坂・森田庄太郎、江戸・萬屋清兵衛によって刊行された。萬屋の名が削られた再版本や、『当世女容気』と題した改題本も刊行された。

概要[編集]

演劇・歌謡などによって当時よく知られていた、5組の男女の悲劇的な恋愛事件を題材とした、各1巻5章から成る中編小説である[1]。本書の成立当時から約25年前~約2年前に発生し、さまざまな形で世に喧伝された著名な事件を題材とした、典型的なモデル小説であり、悲劇的恋愛小説とされる[2]

各物語のタイトルとモデルとなった事件、および『好色五人女』でのあらすじは次の通りである。

  • 姿姫路清十郎物語(お夏清十郎) - 室の造り酒屋の息子である美男清十郎が、放蕩のあげく姫路の但馬屋にあずけられ、主人の妹お夏と恋仲になる。二人は駆け落ちの途中で捕縛され、男は刑死し、女は狂乱する。
  • 情を入れし樽屋物かたり(樽屋おせん) - 大坂天満の商家の腰元おせんに樽屋(樽職人)が恋をする。樽屋とおせんは結ばれ、幸せな結婚生活を送る。しかし、あるとき、麹屋長左衛門家の法事に招かれ法事の手伝いをするおせんは、屋の女房から麹屋との不倫を誤解され非難される。麹屋の女房に誤解からしつこく非難されたおせんは麹屋の女房に復讐心を持ち、仕返しに本当に麹屋と不倫をしてやろうと考える。そして、樽屋が麹屋とおせんの不倫現場を目撃してしまう。麹屋は丸裸で逃げ出し、おせんは自殺。麹屋も後日、おせんの亡骸とともに刑場に晒される。
  • 中段に見る暦屋物語(おさん茂兵衛) - 女房おさんと手代茂兵衛が密会を重ねた後、駆け落ちするも捕縛される。おさんと茂兵衛は磔に処せられる。
  • 恋草からげし八百屋物語(八百屋お七) - 江戸の火事で本郷の八百屋八兵衛の一家は焼けだされ、駒込吉祥寺に避難する。避難生活の中で寺小姓小野川吉三郎の指に刺さったとげを抜いてやったことが縁で、お七と吉三郎はお互いを意識するが、時節を得ずに時間がたっていく。2人は契りを結ぶが、なかなか逢うことができない。吉三郎の事を思いつめたお七は、家が火事になればまた吉三郎がいる寺にいけると思って放火。近所の人がすぐに気が付き、ぼやで消し止められる。その場にいたお七は問い詰められて自白し捕縛され、市中引き回しの上、火あぶりになる。吉三郎はこのとき病の床にありお七の出来事を知らない。お七の死後100日に吉三郎は起きられるようになり、真新しい卒塔婆にお七の名を見つけて悲しみ自害しようとするが、お七の両親や人々に説得されて吉三郎は出家し、お七の霊を供養する。
  • 恋の山源五兵衛物語(おまん源五兵衛) - 薩摩の武士源五兵衛と琉球屋の娘・おまんとの恋が成就して、巨万の富を得る。

巻5以外はすべて悲劇的な結末を迎える物語となっており、封建的な道徳観や制度のために諦めざるを得なかった恋愛を、青春の悲劇として描きつつ、人間の愛欲を肯定的に描いた作品と位置づけられる[3]

映画[編集]

楽曲[編集]

漫画[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岡本勝・雲英末雄 『新版近世文学研究事典』 おうふう、2006年2月、48-49頁。 
  2. ^ 暉峻康隆 『好色五人女』 小学館、1992年12月、197-219頁。 
  3. ^ 大久保忠国・興津要・小池正胤 『西鶴作品選』 おうふう、1969年4月、37頁。 

参考資料・外部リンク[編集]