荒砥城 (出羽国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
荒砥城
山形県
別名 八乙女城
城郭構造 平山城
築城主 荒川清泰
主な改修者 馬場氏、 泉沢久秀
主な城主 大江氏、荒川氏、伊達氏、水野氏(蒲生氏)、泉沢氏(上杉氏)
遺構 曲輪、井戸
位置 山形県西置賜郡白鷹町荒砥

荒砥城(あらとじょう)は、出羽国置賜郡(現・山形県西置賜郡白鷹町)荒砥に存在した日本の城平山城)。

概要[編集]

八乙女城山(標高212m)の山頂から山腹にかけて築かれた荒川氏の居城である。戦国時代には伊達氏の支配下にあり、最上領と隣接する「境目の城」として重要視された。江戸時代には米沢藩五支城[1]の一に数えられて重臣が城主(のち役屋将)を務め、八乙女周辺を統治した。

遺構・復元施設[編集]

  • 八乙女神社 - 階段の途中には井戸跡もある。
  • 「荒砥城(八乙女城)址と八乙女神社」碑
  • 空堀跡
  • 三の丸跡 - 学校跡地に建造の「荒砥地区コミュニティセンター」入り口になっている。
  • 二の丸跡 - 帯曲輪が現存。
  • 本丸跡 - 神社本殿から、もう一段登った場所に位置し、春には桜が咲く。

周辺施設・関連資料ほか[編集]

  • 荒砥駅前の案内板 - 荒砥城下のイラスト地図。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 館山城鮎貝城小国城中山城荒砥城(館山城を除く4城はのちに「役屋」に改称)。幕末の加増により高畠城が追加。

関連項目[編集]