中山城 (出羽国)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
中山城
山形県
城郭構造 山城
築城主 中山弥太郎
築城年 永禄・元亀年間(1558年~1572年)
主な改修者 蒲生郷可横田旨俊
主な城主 中山氏、伊達氏、蒲生氏、横田氏(上杉氏)
遺構 土塁石垣
位置 山形県上山市中山

中山城(なかやまじょう)は、出羽国置賜郡および村山郡(現・山形県上山市[1]に存在した日本の城山城)。

概要[編集]

城山(標高344m)の山頂から山腹にかけて築かれた中山氏の居城である。江戸時代には米沢藩五支城[2]の一に数えられて重臣が藩境の防備に当たった[3]。城下の街道は物資の移動や民衆の行楽、出羽三山の講などで多くの往来があり中山宿が形成された。

遺構・復元施設[編集]

中山小学校跡地となっていたが、徐々に城山として整備されつつある。 中山城の縄張りは置賜・村山にまたがり奥羽屈指の規模と伝わる[4]。 現在でも中山宿では古い建物が点在し、旧宿場町の風情を残す町並みが続いている。

  • 登城口に「中山城跡」石碑
  • 堀と土塁
  • 二の丸虎口の屈曲路
  • 本丸跡 - 「天守山大神」と「植林記念」の石碑が置かれる。
  • 天守台の石垣

支城[編集]

  • 上ノ山楯 - 平坦な頂部を主郭とし、西から東南にかけて、狭小な階段状帯曲輪で幾重にも取り囲んだ館。

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 村山郡には米沢藩上杉家の預かり地5万2千石余がある。
  2. ^ 館山城鮎貝城荒砥城小国城中山城(館山城を除く4城はのちに「役屋」に改称)。幕末の加増により高畠城が追加。
  3. ^ 「上杉家御年譜」(米沢温故会) に「元禄五年(1692)中山御役屋と改称」と記される。
  4. ^ 登城口の案内板(平成10年、上山市・中山地区会)

関連項目[編集]