鮎貝城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
鮎貝城
山形県
城郭構造 平山城
築城主 鮎貝成宗
築城年 1396年応永3年)
主な改修者 伊達氏上杉氏
主な城主 鮎貝氏、伊達氏、蒲生氏、下条忠親(上杉氏)
遺構 土塁、水堀
指定文化財 白鷹町指定史跡
位置 山形県西置賜郡白鷹町鮎貝

鮎貝城(あゆかいじょう)は、出羽国(現・山形県西置賜郡白鷹町)に存在した日本の城平山城)。本丸跡は白鷹町の史跡に指定されている。

概要[編集]

城山(標高190m)の山頂から山腹にかけて築かれた鮎貝氏の居城である。1587年天正15年)、城主の鮎貝宗信が最上氏と結んで伊達氏に謀反を企てたために討たれた。その後、宗信の弟である鮎貝宗定が家督を継ぐが、伊達政宗豊臣秀吉により岩出山城に移封されると同行して鮎貝を去った。以降、鮎貝城は蒲生氏上杉氏の支配下となり各大名家の重臣が入城した。現在、城址には本丸跡に鮎貝八幡宮が祀られており、遺構の土塁や堀を確認することができる。

遺構・復元施設[編集]

  • 水堀と土塁
  • 本丸跡の鮎貝八幡宮
  • 鮎貝城復元模型 - 神社本殿の左側にある小さな社に展示されている。土塁に三層櫓と本丸御殿など。

文化財[編集]

交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文化財一覧 - 白鷹町、2019年11月24日閲覧。
  2. ^ 白鷹町観光協会web・白鷹ニュータウン四季の郷「四季の郷の紹介」など

関連項目[編集]