花村克悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
花村 克悟
生誕 日本の旗 日本
研究分野 熱工学機械工学
研究機関 東京工業大学、岐阜大学
出身校 東京工業大学
博士課程
指導学生
Preechar Karin[1]、亀谷雄樹[2]
中村圭介[3]、平島大輔[4]
主な業績 熱光起電力発電
内部改質型燃料電池
ディーゼル微粒子捕集フィルター
主な受賞歴 日本機械学会部門賞(業績賞)
プロジェクト:人物伝

花村 克悟(はなむら かつのり)は、熱工学を専門とする日本の工学者[5]熱光起電力発電やバイオマス発電の開発、化石燃料の改質など、二酸化炭素排出量削減を目指した幅広い研究を行っている[6][7]

東京工業大学工学部助手、岐阜大学工学部助教授東京工業大学炭素循環エネルギー研究センター教授を経て、現在は同大学大学院理工学研究科教授[5]工学博士(東京工業大学・1989年[8]

履歴[編集]

略歴[編集]

受賞[編集]

社会的活動[編集]

業績[編集]

学位論文[編集]

著書[編集]

(分担執筆)

  • 『伝熱工学』 日本機械学会、丸善〈JSMEテキストシリーズ〉、2005年4月。ISBN 978-4888981200
  • 『演習 伝熱工学』 日本機械学会、丸善〈JSMEテキストシリーズ〉、2008年4月。ISBN 978-4888981705

競争的資金[編集]

科学研究費補助金・研究代表者)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 学部は機械科学科[11]や機械宇宙学科[12]を担当している。
  2. ^ 講演題目『Visualization of Combustion of Diesel Particulates in Regeneration of DPF』(英語)、講演番号 138[16]
  3. ^ 2011年3月29日認定[17]

出典[編集]

  1. ^ Karin, Preechar 『Microscopic visualization and characterization of particulate matter trapping and oxidation in diesel particulate filters and membrane filters』 東京工業大学〈博士論文(甲第8166号)〉、2010年9月25日(英語)
  2. ^ 亀谷雄樹 『Catalytic characteristics of carbon black and its surface nanostructure evolution during methane decomposition』 東京工業大学〈博士論文(甲第8694号)〉、2012年3月26日(英語)
  3. ^ 中村圭介 『SiC ナノ粒子メンブレンフィルターによるスス酸化反応に関する研究』 東京工業大学〈博士論文(甲第9288号)〉、2013年9月25日
  4. ^ 平島大輔 『遠隔場および近接場ふく射輸送におけるスペクトル機能性メタマテリアルに関する研究』 東京工業大学〈博士論文(甲第9351号)〉、2013年10月31日
  5. ^ a b c d 科研費データベース.
  6. ^ 廣瀬峻啓 2009.
  7. ^ a b トムズPress 2010, p. 8.
  8. ^ a b 花村克悟 1989.
  9. ^ a b c d researchmap 2011.
  10. ^ 花村研究室, トップページ.
  11. ^ 教員・研究室紹介”. 東京工業大学 工学部 機械科学科. 2015年2月20日閲覧。
  12. ^ 本学科を構成する教員と研究分野”. 東京工業大学 工学部 機械宇宙学科. 2015年2月20日閲覧。
  13. ^ 推進メンバー”. グローバルCOEプログラム「エネルギー学理の多元的学術融合」. 東京工業大学. 2015年2月21日閲覧。
  14. ^ a b これまでの部門賞・部門表彰者”. 一般社団法人 日本機械学会 熱工学部門. 2015年2月20日閲覧。
  15. ^ 受賞者一覧”. 日本伝熱学会 学術賞、技術賞、奨励賞. 日本伝熱学会. 2015年2月20日閲覧。
  16. ^ 2004年春季大会優秀講演発表賞受賞」、『自動車技術』第58巻第10号、2004年、 125頁。
  17. ^ 日本機械学会フェロー一覧 (PDF)”. 一般社団法人 日本機械学会. 2015年2月21日閲覧。
  18. ^ JSMEテキストシリーズ 熱力学 -Thermodynamics-”. 図書目録. 日本機械学会. 2015年2月20日閲覧。
  19. ^ 花村克悟 (2014年2月3日). “新学術誌への移行について”. JSME談話室「き・か・い」No.122. 2015年2月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]