芋づる式学習法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

芋づる式学習法(いもづるしきがくしゅうほう)は、鷹野和美が考案した、医療、福祉の各種資格試験のための学習法。試験に必要なテクニカルタームを個別に暗記するのではなく、分野とタームをすべて関連付けて記憶する方法。試験に必要とされる知識を網羅的に覚えて、ひとつのキーワードから芋づるのように知識が連なって出てくるという意味で「芋づる式学習法」と命名されている。