船医

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

船医(せんい)とは、客船、遠洋航海の漁船貨物船などに乗船して医療を行う医師のことである。

船上では1人で内科外科産婦人科精神科など、多岐にわたる診療を行う必要があり、幅広い医学知識と経験を有することが期待されることから[1]、『臨床医療のスペシャリスト』とも呼ばれる[2]。また、船種によっては高い社交性や語学力が要求される場合もある[3]

かつてはプロスペル・ガルノーのように生物学博物学の知識を活かし、世界各地に向かう調査団に船医兼科学者として同行し、希少な動植物の調査・収集を行うなどプラントハンターのような活動も担当していた。またウィリアム・ジャーディンのように個人的な交易などのサイドビジネスを始める者もいた。

2000年代以降は、客船のクルーズが減少傾向にあることから、船医の職を得ることは難しくなりつつあるという[3]。各国海軍や日本の海上自衛隊の艦艇に乗船する医官については、通常軍医に分類される。

通常は医師と看護師のみが乗船するが、病院船アメリカ海軍原子力空母では広さの余裕があるため歯科医薬剤師放射線技師なども乗船している。

補佐のために乗り込む看護師は単に『看護師』と呼ばれる。

著名な船医[編集]

文学・エッセイ[編集]

  • 小説
    • ガリヴァー旅行記 - 主人公のレミュエル・ガリヴァーは船医。また正式な題名は『船医から始まり後に複数の船の船長となったレミュエル・ガリヴァーによる、世界の諸僻地への旅行記四篇』である。
  • エッセイ
    • 北杜夫『どくとるマンボウ航海記』新潮文庫、中公文庫、角川文庫など
    • 永井明『あやしい船医、南太平洋をゆく』角川書店
    • 西丸與一『ドクター西丸 航海記』海事プレス社
    • 田村京子『捕鯨船団 女ドクター南氷洋を行く』集英社文庫 -遠洋航海の漁船の船医
    • 米山公啓『医者を忘れて大航海』幻冬舎文庫
  • コミック
    • 矢島正雄/菊田洋之『クルーズ 医師山田公平航海誌』小学館/ビッグコミックス

出典[編集]

関連項目[編集]