船舶料理士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

船舶料理士(せんぱくりょうりし、: Ship dish person)は、船舶料理士国家試験合格者の称号である。

概要[編集]

  • 船内で船員に支給する食料調理業務を担当する。近海区域乃至遠洋区域を航行区域とする総トン数1000トン以上の船舶、第3種従業制限のある総トン数1000トン以上の漁船における調理業務は船舶料理士が担当する。

受験資格[編集]

  • 20歳以上、乗船経験1年以上で調理業務経験者。
    • 海員学校の司厨・事務科卒業者で乗船歴2年以上の者、船舶調理士養成学校(調理師養成施設)で学科修了した乗船歴2年以上の者、調理師栄養士の有資格者などは、認定により取得できる。

※平成18年2月2日までは、「船員手帳の雇い入れ職名が司厨部員以外の者で、3年以上調理に関する業務に従事した経験を有する者」は特例により受験が認められた。

試験[編集]

  • 10月中旬~下旬に東京で、筆記と料理2人前を調理して盛りつける実技で試験される。

試験科目[編集]

  • 筆記
  1. 衛生法規
  2. 栄養学
  3. 食品学
  4. 食品衛生学
  5. 公衆衛生学
  6. 調理理論
  7. 食文化概論
  • 実技
  1. 日本料理
  2. 西洋料理
  3. 中華料理

関連項目[編集]

外部リンク[編集]