航空工場整備士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
航空工場整備士
実施国 日本の旗 日本
資格種類 国家資格
分野 交通、航空
試験形式 学科及び実技
認定団体 国土交通省
等級・称号 航空工場整備士
根拠法令 航空法
公式サイト http://www.japa.or.jp/
ウィキプロジェクト ウィキプロジェクト 資格
ウィキポータル ウィキポータル 資格
テンプレートを表示

航空工場整備士(こうくうこうじょうせいびし)は、航空従事者国家資格のうちの1つ。国土交通省管轄。

航空機の部品の整備を行うのに必要な資格である

機体構造関係、機体装備関係、ピストン発動機関係、タービン発動機関係、プロペラ関係、計器関係、電子装備品関係、電気装備品関係、無線通信機器関係の種別になっている。

国家試験は年2回実施される(実施は国土交通省)。試験には18歳以上の年齢制限のほか、一定の飛行経歴(整備経験)が必要になる。飛行経歴については航空従事者を参照のこと。

試験科目[編集]

  • 学科
  1. 航空力学・取扱知識
  2. 機体知識
  3. 整備・改造・点検知識
  4. 法規
  • 実技
  1. 機体の装備品の取扱
  2. 整備・検査
  3. 搭載重量配分・重心位置の計算