自玉手祭来酒解神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
自玉手祭来酒解神社
Sakatokejinja03n4592.jpg
所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎天王46
位置 北緯34度54分5.9秒
東経135度40分43.5秒
座標: 北緯34度54分5.9秒 東経135度40分43.5秒
主祭神 大山祇神
社格 式内社(名神大)・郷社
本殿の様式 切妻造
例祭 5月4日
地図
自玉手祭来酒解神社の位置(京都府内)
自玉手祭来酒解神社
自玉手祭来酒解神社
テンプレートを表示
三社宮
神輿庫

自玉手祭来酒解神社(たまでよりまつりきたるさかとけじんじゃ)は京都府乙訓郡大山崎町にある神社。通称酒解神社(さかとけじんじゃ、さかときじんじゃ)。 天王山の頂上近くに鎮座する。式内社名神大)で、旧社格は郷社。

祭神[編集]

大山祇神を主祭神とし、素盞嗚尊を相殿に祀る。

元々の祭神は山崎神・酒解神で、出自は不明であるが橘氏の先祖神であると言われている。素盞嗚尊は、旧天神八王子社の祭神・牛頭天王を、神仏分離にともない改めたものである。

歴史[編集]

創建の由緒は不詳であるが、養老元年(717年)建立の棟札があることから奈良時代の創建とみられている。旧名を山埼杜といい、現在の離宮八幡宮の地に祀られていた。平安時代延喜式神名帳には「山城国乙訓郡 自玉手祭来酒解神社 元名山埼杜」と記載され、官幣名神大社に列し、月次、新嘗の幣帛に預ると記されている。

その後、自玉手祭來酒解神社の祭祀は途絶え、明治時代まで所在がわからなくなっていた。現在の自玉手祭来酒解神社は、天王山の頂上近くに中世ごろよりあった天神八王子神(牛頭天王)を祀る「山崎天王社」であった。天王山は元は山崎山と呼んでいたが、当社にちなんで天王山と呼ばれるようになった。明治10年6月、山崎天王社が式内・自玉手祭来酒解神社であるとされ、自玉手祭来酒解神社に改称した。現在の祭神・大山祇神はそのときに定められたものである。

神輿庫は国の重要文化財に指定されている。

文化財[編集]

摂末社[編集]

行事[編集]

  • 例祭 - 5月3日 - 5日(神輿の巡行は隔年の5月5日)
  • 年越祭 - 12月31日

交通アクセス[編集]

周辺情報[編集]