糸文弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
いと ふみひろ
糸 文弘
本名 糸 弘毅 (いと ひろき)
生年月日 (1931-05-09) 1931年5月9日(88歳)
出生地 日本の旗 日本 鹿児島県大島郡名瀬町
職業 映画監督脚本家劇作家演出家
ジャンル 劇場用映画テレビ映画大衆演劇アングラ演劇
活動期間 1957年 - 1980年代
所属劇団 劇団三文館
事務所 LL企画プロダクション
主な作品
豊原路子の体当りマンハント旅行
新妻のあやまち

糸 文弘(いと ふみひろ、1931年5月9日 - )は、日本の映画監督脚本家劇作家演出家である[1][2][3][4][5][6][7][8][9][10][11][12][13]。本名は糸 弘毅(いと ひろき)[1]。1950年代に松竹演劇部に所属して「石井均一座」等の軽演劇喜劇の作家として活動し[1]、1965年(昭和40年)には映画製作会社LL企画プロダクションの設立に参加して、成人映画の脚本・監督を手がける[1][2]。その後、劇団三文館を設立、戯曲演出を手がけてアングラ演劇に転向した[1][13]

人物・来歴[編集]

1931年(昭和6年)5月9日、鹿児島県大島郡名瀬町(のちの同県名瀬市、現在の奄美市)に生まれる[1]

第二次世界大戦後、5年制の旧制・神奈川県立商工実習学校に進学、同校は1948年(昭和23年)4月1日に新制高等学校に切り替わり、神奈川県立商工高等学校と改称している[1]。1949年(昭和24年)3月、同校を卒業、同年4月、早稲田大学理工学部に進学するも、翌1950年6月、同学を中途退学する[1]松竹演劇部に入社し、1957年(昭和32年)5月から浅草公園六区等の新興劇団に上演台本を執筆した[1]。軽演劇の劇団「喜劇の王様」、早野凡平らが在籍した「コメディ東京」、石井均が弟子の伊東四朗財津一郎らと1959年(昭和34年)に結成した「石井均一座」等がそのおもな劇団である[1]。なかでも「石井均一座」の根城は新宿であり、1958年(昭和33年)10月28日に開館した新宿松竹文化演芸場(現在跡地に新宿ピカデリー)を常打ち小屋としていた。1960年(昭和35年)からはテレビ映画の脚本を手がけたという[1]。当時の筆名が不明であり、テレビドラマデータベースでは具体的な該当作品が見当たらない[14]。「石井均一座」の女優、糸美智子[15][16]との関係は不明。

『日本映画監督全集』には、1961年(昭和36年)に映画製作会社のLL企画(LL企画プロダクション)の設立に参加、とあるが[1]、『日本映画発達史』の田中純一郎によれば、同社の設立は1965年(昭和40年)1月である[2]。『日本映画監督全集』には、同社で成人映画の脚本を執筆、監督を志して1964年(昭和39年)9月に『殺された女』で監督に昇進した旨の記述があるが[1]日本映画データベース等の資料では同作の監督は南部泰三であり[17]渡辺護によれば、同作の監督は南部泰三であり、正しいタイトルは『殺られた女』、渡辺が初めて成人映画の助監督を務めた作品であるという[18][19]デジタル・ミームが所蔵する80分の16mmフィルム版上映用プリントのタイトルは『殺られた女』であり、監督は南部泰三とクレジットされている[12]。『日本映画監督全集』では、1965年1月公開の『色じかけ』を糸の作品一覧に挙げているが[1]、日本映画データベース等の資料では同作の監督は南部泰三である[9][11]。1964年 - 1965年の期間、南部の第八芸術映画プロダクション(1949年設立)で脚本を書いていたことは明らかで、1965年4月に公開された南部の監督作『女こまし SUKEKOMASI』の東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵プリントには、同作の脚本として糸の名がクレジットされている[8]。1965年4月公開の『色ざんげ』は、第八芸術映画プロダクションが製作した作品であり、いずれの資料も糸が監督であるとしている最初の作品である[1][5][9][10][11][12]

田中純一郎は、『日本映画発達史』のなかで成人映画黎明期のおもな脚本家・監督として、若松孝二、高木丈夫(本木荘二郎の変名)、南部泰三、小林悟新藤孝衛小川欽也小森白山本晋也湯浅浪男宮口圭深田金之助藤田潤一小倉泰美浅野辰雄、渡辺護、片岡均(水野洽の変名)、福田晴一とともに、糸の名を挙げている[2]。糸は、1966年(昭和41年)2月に公開された『豊原路子の体当りマンハント旅行』で原作者の豊原路子を主演に起用したほか、一星ケミ(一星けみ)の公式なデビュー作『新妻のあやまち』(同年5月10日公開)を監督している[1][3][5][9][10][11][9][11]

糸がLL企画で映画を監督したのは、同年6月7日に公開された『女が指を咬むとき』(主演内田高子)までであり、次に監督した作品は1967年(昭和42年)1月31日に公開された『現代の恐怖』で、同作は東通商映画部が製作[5][9]関東ムービー配給社が配給した。1968年(昭和43年)2月16日には、糸が新たに結成した喜劇の劇団「劇団三文館」が、新宿にあった「実験小劇場モダンアート」(新宿区新宿2丁目12番7号、1967年 - 1987年)で『天使の味』を上演しており、同作の作・演出を糸が行った[13]。糸は同館の企画室代表を務め、同館では「アングラ・ヌード」を売り物にした[20]。以降、同劇団の活動に重点を置き、1969年(昭和44年)1月に公開された『歪んだ夜』を最後に映画界を去った[1][4][5][9][10][11]。1980年代以降の消息は不明である[1][7]

フィルモグラフィ[編集]

特筆以外のクレジットはすべて「監督」である[1][3][4][5][8][9][10][11]東京国立近代美術館フィルムセンター(NFC)等の所蔵状況についても記す[8][12]

  • 女こまし SUKEKOMASI[8](『女こまし』) : 製作井上猛夫、企画黒木啓介、監督南部泰三、主演真杉美恵子、製作第八芸術映画プロダクション、配給センチュリー映画社、1965年4月公開(成人映画・映倫番号 13943) - 脚本、76分の上映用プリントをNFCが所蔵、80分の16mmフィルム版上映用プリントをデジタルミームが所蔵[12]
  • 色ざんげ』 : 製作高木悟郎、企画井上猛夫、主演高美マリ、製作第八芸術映画プロダクション、配給センチュリー映画社、1965年4月公開(成人映画・映倫番号 13944) - 監督[5]、60分の16mmフィルム版上映用プリントをデジタルミームが所蔵[12]
  • 愛撫』 : 製作井上猛夫、企画黒木啓介、主演高美マリ、製作LL企画プロダクション、配給センチュリー映画社、1965年6月公開(成人映画・映倫番号 14045) - 監督、80分の16mmフィルム版上映用プリントをデジタルミームが所蔵[12]
  • 『快楽』[3](『手錠と快楽』[1]) : 企画井上猛夫、主演南たまき、製作LL企画、配給センチュリー映画社、1965年8月公開(9月公開とも、成人映画・映倫番号 14104) - 監督深井俊彦と共同で脚本
  • 乳ぼくろ』 : 主演内田高子、製作LL企画、配給関東ムービー配給社、1965年9月7日公開(成人映画・映倫番号 14141) - 監督・財満四郎と共同で脚本
  • 愛欲の白い肌』 : 原作豊島一夫、主演岡本弘子、製作LL企画、配給関東ムービー配給社、1965年10月26日公開(成人映画・映倫番号 14199) - 監督・脚本
  • 妄ら花[3](『妾ら花』[11]『淫ら花』[1]) : 企画いしど淳、主演岡本弘子、製作LL企画、1965年11月公開(成人映画・映倫番号 14258) - 監督・脚本
  • 『裸身』 : 主演浜裕子、製作LL企画、1966年1月公開(成人映画・映倫番号 14322) - 監督・脚本
  • 豊原路子の体当りマンハント旅行[3](『体当りマンハント旅行』) : 脚本豊原路子・いしど淳、主演豊原路子、製作オスカープロモーション、1966年2月公開(成人映画・映倫番号 14415)
  • 新妻のあやまち』 : 主演内田高子・一星けみ(一星ケミ)、製作LL企画(オスカープロモーション)、配給関東ムービー配給社、1966年5月10日公開(成人映画・映倫番号 14472) - 監督・脚本
  • 女が指を咬むとき』 : 主演内田高子、製作LL企画プロダクション、配給関東ムービー配給社、1966年6月7日公開(成人映画・映倫番号 14538) - 監督・脚本
  • 現代の恐怖』 : 製作東通商映画部、配給関東ムービー配給社、1967年1月31日公開(成人映画・映倫番号 14640)
  • 歪んだ夜[4][5](『歪んだ性』[1]) : 製作東興企業、1969年1月公開(成人映画・映倫番号 不明)

テアトログラフィ[編集]

早稲田大学演劇博物館データベース等を参考にした糸の作あるいは演出した演劇の一覧[13][21]

  • 『天使の味』 : 劇団三文館、実験小劇場モダンアート、1968年2月16日 - 同29日 - 作・演出
  • 『白樺学校』 : 劇団三文館、実験小劇場モダンアート、日程不詳 - 作・演出
  • 『泥色の夜』 : 劇団三文館、実験小劇場モダンアート、日程不詳 - 作・演出
  • 『セックス考現学』 原作大山人士、劇団三文館、実験小劇場モダンアート、日程不詳 - 脚色・演出
  • 『骨餓身峠死人葛』 : 作野坂昭如、劇団三文館、俳優座劇場、1975年9月2日 - 同7日 - 演出
  • 『六号室の女』 : 演出笹生昭、劇団三文館、1977年 - 作
  • 『女房を殺そう』 : 劇団三文館、自由劇場、1979年 - 作・笹生昭と共同演出

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書による糸の論文・エッセイ等の一覧[7]

  • 「敢て私は叫ぶ」糸弘毅 : 『海員』第2巻第8号通巻12号所収、全日本海員組合、1950年7月発行、p.15.
  • 戯曲『赤い檻』 : 『大衆文芸』第28巻第8号所収、新鷹会、1968年9月発行、p.60-66.
  • 巻頭随筆「酒は涙か……」 : 『ゆく春』第46巻第8号所収、ゆく春発行所、1973年8月発行、p.4-5.
  • 随筆「秋来たれども」 : 『ゆく春』第52巻第10号所収、ゆく春発行所、1979年10月発行、p.3-4.
  • 随筆「俳人受難」 : 『ゆく春』第55巻第4号所収、ゆく春発行所、1982年4月発行、p.2-3.

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z キネ旬[1976], p.41.
  2. ^ a b c d 田中[1976], p.85-86.
  3. ^ a b c d e f 年鑑[1967], p.325-333.
  4. ^ a b c d 年鑑[1970], p.351.
  5. ^ a b c d e f g h キネ旬[1973], p.13, 43, 120, 124.
  6. ^ 糸文弘jlogos.com, エア、2014年8月26日閲覧。
  7. ^ a b c 国立国会図書館サーチ検索結果、国立国会図書館、2014年8月26日閲覧。
  8. ^ a b c d e 糸文弘東京国立近代美術館フィルムセンター、2014年8月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k 糸文弘、日本映画情報システム、文化庁、2014年8月26日閲覧。
  10. ^ a b c d e 糸文弘KINENOTE, 2014年8月26日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m 糸文弘日本映画データベース、2014年8月26日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i j 糸文弘デジタル・ミーム、2014年8月26日閲覧。
  13. ^ a b c d 劇団三文館早稲田大学演劇博物館、2014年8月26日閲覧。
  14. ^ 全文検索テレビドラマデータベース、2014年8月26日閲覧。
  15. ^ 大笹[2009], p.142.
  16. ^ 糸美智子 - テレビドラマデータベース、2014年8月26日閲覧。
  17. ^ 殺された女、日本映画データベース、2014年8月26日閲覧。
  18. ^ 渡辺護「おれが南部泰三の助監督をやったやつは井川耕一郎twitter, 2014年8月26日閲覧。
  19. ^ (井川)渡辺護さんは、助監督として南部泰三『殺られた女』(64)についたとき、井川耕一郎、twitter, 2014年8月26日閲覧。
  20. ^ 新宿アンダーグラウンドの残影 モダンアートのある60年代 6ばるぼら大洋図書、2007年3月21日付、2014年8月26日閲覧。
  21. ^ 大笹[2000], p.12-13.

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
色ざんげ
1965年4月公開
第八芸術映画プロダクションセンチュリー映画社
愛撫
1965年6月公開
LL企画プロダクション・センチュリー映画社)
乳ぼくろ
1965年9月7日公開
(LL企画プロダクション・関東ムービー配給社
新妻のあやまち
1966年5月10日公開
(LL企画プロダクション・オスカープロモーション・関東ムービー配給社)