早野凡平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

早野 凡平(はやの ぼんぺい、本名:松本 光弘(まつもと みつひろ)、1940年2月21日 - 1990年5月3日)は、日本大道芸人、ボードビリアンタレント。夫人は舞踊家の印南明美。長男はタップダンサーの松本晋一日本大学芸術学部演劇科中退。享年50歳。

来歴・人物[編集]

大道芸人のパン猪狩の弟子。新宿松竹文化演芸場の研究生として出入りしているうちにこの世界に入った。その後キャバレー廻りなどを経験して、主にテレビの演芸番組や舞台で活躍した。

「ホンジャマーの帽子(ホンジャマカ帽、マジックハットの異名もある)」と呼ばれる、帽子を用いたヨーロッパ起源の古典芸(Chapeaugraphy)が有名。この帽子は帽体とツバの部分が分離するようになっており、早野は慣れた手つきで黒い帽子を様々な形に変形させて、有名人や動物の真似をして人気を博した。「牧師」、「スチュワーデス」、「ナポレオン」、「カウボーイ」、「ローマ法王」(なぜか2度やってしまう)、「鞍馬天狗」(名乗る際、頭巾に見立てた帽子が落ちてしまう)等が定番ネタ。「ホンジャマー、ホンジャマカ…」と舌足らずな歌を歌いながら、次々と繰り出すのが特徴。

この帽子芸によりテレビ出演も増え一躍人気者となり、舞台トークのネタとして「この帽子のおかげで練馬に家を建てることができました」と語っていた。

とんねるず石橋貴明がデビュー初期に早野の帽子芸を真似たネタをしていたことがある。また、お笑いコンビホンジャマカの名前は、この帽子芸に由来する。

帽子以外の芸としては、長さが異なる4本の蛇腹状のホースを振り回して音を鳴らす「パイプオルガン」がある。4本のホースを器用に使い分け、低い音を出すときはゆっくり振り回し、高い音を出すときは早く振り回す。レパートリーは、「黒田節」、「船頭小唄」など。

1980年文化庁芸術祭賞優秀賞受賞。

1990年5月3日、転移性肺癌のために50歳で死去。

落語家・三遊亭円丈は、自身のCDジャケットで、早野から譲り受けた帽子をかぶっている。

外部リンク[編集]