粟崎インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
粟崎インターチェンジ
所属路線 のと里山海道
起点からの距離 0.0km(粟崎IC起点)
(4.6km) 内灘IC/TB
接続する一般道 石川県道60号金沢田鶴浜線
供用開始日 1974年(昭和49年)12月5日
通行台数 x台/日
所在地 920-0226
石川県金沢市粟崎町4丁目
テンプレートを表示

粟崎インターチェンジ(あわがさき - )は、石川県金沢市のと里山海道上にあるインターチェンジである。

概要[編集]

インターチェンジの名を有するものの、実際は金沢市道と平面交差する大浜北交差点であり、同交差点には0キロポストが立てられている。なお、隣接する海浜緑台交差点と一体となっており、信号機制御もほぼ同一となっている。

歴史[編集]

  • 1974年昭和49年)12月5日:粟崎IC - 白尾IC開通に伴い、供用開始。
  • 2013年(平成25年)3月31日:能登有料道路が正午に無料化されたのに伴い、のと里山海道のインターチェンジとなる。

道路[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

料金所[編集]

無し。

[編集]

のと里山海道
粟崎IC(起点) - 海浜千鳥台交差点 - 海浜向陽台交差点 - 大根布JCT - 内灘IC

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2008年
  • 『石川の有料道路のあゆみ』 石川県土木部、1990年

関連項目[編集]