西山インターチェンジ (石川県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西山インターチェンジ
所属路線 のと里山海道
本線標識の表記 西山
起点からの距離 47.5km(粟崎IC起点)
上棚矢駄IC (3.2km)
接続する一般道 石川県道116号末吉七尾線
供用開始日 1982年昭和57年)11月17日
通行台数 x台/日
所在地 925-0124
石川県羽咋郡志賀町西山
テンプレートを表示

西山インターチェンジ(にしやまインターチェンジ)は、石川県羽咋郡志賀町のと里山海道上にあるインターチェンジである。

概要[編集]

当ICはフルICであるが、開通当初はハーフICとして整備された経緯から、隣接する西山PAと一体化した構造となっている。

上り線(穴水方面→当IC、当IC→金沢方面)の場合
  • 降りる時は西山PAのエリア内通路を経て降りる[1]
  • 乗る時は西山PA内を経由せず、本線と直結しているランプを登り、本線と合流する。
下り線(金沢方面→当IC、当IC→穴水方面)の場合
  • 降りる時は西山PA内を経由せず、本線と直結しているランプを下り、一般道へ出る。
  • 乗る時はランプを登った後、西山PA内を経て本線に合流する[2][1]

歴史[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

隣接区間[編集]

のと里山海道
上棚矢駄IC - 西山IC - 西山PA - 徳田大津JCT - 徳田大津IC

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2008年
  • 『石川の有料道路のあゆみ』 石川県土木部、1990年

脚注[編集]

  1. ^ a b いずれの場合も、西山PAの駐車場内には入らずに、駐車場と本線道路の間に挟まれた通路を通り抜けて、ランプを降りたり、本線へ合流することが可能である。また、西山PA内の各施設を利用することも可能である。
  2. ^ ランプを登った所に丁字路交差点があり、そこで金沢方面の本線から西山PA内へ流入するランプと一旦合流して西山PAの敷地内へ進む。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]