徳田大津インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
徳田大津インターチェンジ
所属路線 E41 のと里山海道
本線標識の表記 徳田大津
起点からの距離 56.3km(千鳥台交差点起点)
徳田大津JCT (1.2km)
(9.9km) 横田IC
接続する一般道 石川県道3号田鶴浜堀松線
供用開始日 1980年昭和55年)3月29日
通行台数 x台/日
所在地 929-2126
石川県七尾市大津町
テンプレートを表示

徳田大津インターチェンジ(とくだおおつインターチェンジ)とは、石川県羽咋郡志賀町および同県七尾市にあるのと里山海道(法律上は能越自動車道との重複区間)にあるインターチェンジである。

概要[編集]

七尾市西部と志賀町東部との境界付近に位置する。

歴史[編集]

  • 1980年昭和55年)3月29日:能登有料道路 徳田大津IC - 横田ICの供用開始により開通。
  • 1982年(昭和57年)11月17日:能登有料道路 柳田IC - 徳田大津IC間の供用開始により、金沢方面の流出入が可能となる。
  • 1998年平成10年)4月19日:能越自動車道 田鶴浜IC - 徳田大津JCT間の供用開始により、金沢方面の出入口が横田IC寄りに移設される。同時に、ICの本線が4車線(片側2車線)に拡幅。
  • 2008年(平成20年)4月1日石川県道3号田鶴浜堀松線への接続道路の短縮工事が完成、供用開始。
  • 2013年(平成25年)3月31日:正午に無料化されたのに伴い、能登有料道路がのと里山海道に改称された。

道路[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

E41 のと里山海道(法律上は能越自動車道との重複区間)
徳田大津JCT - 徳田大津IC - 横田IC

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2008年
  • 『石川の有料道路のあゆみ』 石川県土木部、1990年

関連項目[編集]