高松インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高松インターチェンジ
所属路線 のと里山海道
本線標識の表記 高松
起点からの距離 16.6km(粟崎IC起点)
白尾IC/TB (5.5km)
接続する一般道 石川県道162号高松内灘線
石川県道227号八野高松線
供用開始日 1973年昭和48年)7月21日
通行台数 x台/日
所在地 929-1215
石川県かほく市高松
テンプレートを表示

高松インターチェンジ(たかまつインターチェンジ)とは、石川県かほく市のと里山海道上にあるインターチェンジである。

歴史[編集]

  • 1973年(昭和48年)
    • 7月21日:当IC - 柳田IC間の供用開始により開通。
    • 8月10日白尾IC - 当IC間の供用開始により、金沢方面の流出入が可能となる。
  • 2013年平成25年)3月31日:能登有料道路が正午に無料化されたのに伴い、のと里山海道のインターチェンジとなる。

道路[編集]

接続道路[編集]

周辺[編集]

[編集]

のと里山海道
白尾IC - 高松IC - 県立看護大IC

参考文献[編集]

  • 『道路現況調書』 石川県土木部道路整備課、2008年
  • 『石川の有料道路のあゆみ』 石川県土木部、1990年

関連項目[編集]