米島口停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
米島口停留場
画像左端にアルビス米島店と米島口停留場画像右端が車両庫
画像左端にアルビス米島店と米島口停留場
画像右端が車両庫
よねじまぐち
Yonejimaguchi
(アルビス米島店前)
新能町 (0.3km)
(1.1km) 能町口
所在地 富山県高岡市米島・荻布
所属事業者 万葉線
所属路線 高岡軌道線
キロ程 4.4km(高岡駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1948年昭和23年)4月10日
テンプレートを表示
米島口停留場の位置(富山県内)
米島口停留場

米島口停留場(よねじまぐちていりゅうじょう)は、富山県高岡市米島・荻布にある万葉線高岡軌道線(停留場)。

当駅を含めた高岡駅停留場側は併用軌道であるが、当駅からすぐの地点から能町口停留場付近までは、一時的に専用軌道となる。また、当駅の六渡寺駅側にポイントがあり、ここから六渡寺駅側は単線、高岡駅前停留場側は広小路停留場まで複線である。

当駅横に、万葉線本社と車両庫があり、一部の電車は当駅で折り返す。

すぐそばにアルビス米島店があり、アルビス米島店前停留場(アルビスよねじまてんまえていりゅうじょう)という副駅名がある。

構造[編集]

周辺[編集]

歴史[編集]

  • 1948年(昭和23年)4月10日 - 富山地方鉄道の地鉄高岡(現・高岡駅前) - 伏木港間の開業により中間駅として開設。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 - 当駅 - 新湊(現・六渡寺)間が開業し、分岐駅となる。同時に当駅 - 伏木港間は支線化され、伏木線となる。また、湶町(現・広小路) - 当駅間が複線化。
  • 1959年(昭和34年)4月1日 - 事業譲渡により、加越能鉄道の駅となる。
  • 1971年(昭和46年)9月1日 - 伏木線が廃止。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 事業譲渡により万葉線の駅となる。
  • 2007年(平成19年)6月1日 - 副駅名が付けられる。

隣の停留場[編集]

万葉線
高岡軌道線
新能町停留場 - 米島口停留場 - 能町口停留場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]