志貴野中学校前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
志貴野中学校前停留場
志貴野中学校前停留場
志貴野中学校前停留場
しきのちゅうがっこうまえ
Shikinochugakkoumae
(高岡市役所前)
広小路 (0.4km)
(0.3km) 市民病院前
所在地 富山県高岡市あわら町・広小路
所属事業者 万葉線
所属路線 高岡軌道線
キロ程 2.1km(高岡駅起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1948年昭和23年)4月10日
テンプレートを表示
志貴野中学校前停留場の位置(富山県内)
志貴野中学校前停留場

志貴野中学校前停留場(しきのちゅうがっこうまえていりゅうじょう)は、富山県高岡市あわら町・広小路にある万葉線高岡軌道線停留場)。富山県道24号伏木港線併用軌道区間に設置されている。

高岡市役所の最寄り駅であり、高岡市役所前停留場(たかおかしやくしょまえていりゅうじょう)という副駅名があるほか、上下線の停留場ともドラえもんの装飾が施されたドラえもん電停となっている。

歴史[編集]

構造[編集]

ドラえもん電停[編集]

同停留場は上下線ともドラえもん停留場として整備されているが、下り線の停留場は、ドラえもんの誕生日である2017年(平成29年)9月3日より「ドラえもん電停」として整備された[1]高岡市立美術館内にある高岡市出身である藤子・F・不二雄の「藤子・F・不二雄ギャラリー」へ徒歩約10分の最寄り駅であるため、下り方面の停留場の外(道路)側にはドラえもんの「どこでもドア」と、ドラえもんをはじめとしたキャラクターを、内(ホーム)側はキャラクターと「ひみつ道具」をラッピング装飾し、ギャラリーへの最寄り駅であることをアピールするとともに、ギャラリーへ向かうアクセス道にもペイントを施しアクセスの向上をはかることとなった。なお、ラッピングサイズは内外ともに横8メートル、縦1.2メートルである[2][3]。上り線は、翌2018年(平成30年)3月13日よりドラえもん停留場として整備された。外(道路)側は下り線の停留場と同じデザイン、内(ホーム)側は万葉線の制服姿のドラえもんとなっている[4]

周辺[編集]

隣の停留場[編集]

万葉線
高岡軌道線
広小路停留場 - 志貴野中学校前停留場 - 市民病院前停留場

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『ドラえもん電停お披露目 高岡 万葉線「志貴野中学校前」完成 「ひみつ道具」で世界観表現』北日本新聞 2017年9月4日22面
  2. ^ 『高岡市 万葉線「志貴野中前」来月改装 ドラえもん電停誕生』北日本新聞 2017年8月14日1面
  3. ^ 『電停に「どこでもドア」 万葉線ラッピング 来月3日に披露』北日本新聞 2017年8月25日32面
  4. ^ 『万葉線志貴野中学校前 上り線も「ドラえもん電停」制服姿で利用者お出迎え』北日本新聞 2018年3月13日23面

関連項目[編集]

外部リンク[編集]