筑後バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国道442号標識

筑後バイパス(ちくごバイパス)は、福岡県筑後市から福岡県三潴郡大木町に至る国道442号バイパスである。

2010年6月1日県道瀬高久留米線から県道江島筑後線までの、延長1.7kmについて供用がされ、[1]残りの県道筑後城島線から県道瀬高久留米線までの延長1.1kmについては2010年10月3日に供用がされ[2]て、暫定2車線の形で全線開通している。筑後バイパスは八女筑後バイパス大木大川バイパスとを連絡している。

路線概要[編集]

  • 延長:2.84km
  • 起点:福岡県筑後市大字久富
  • 終点:福岡県三潴郡大木町大字福土
  • 規格:第3種第2級
  • 車線数:4車線(暫定2車線)
  • 設計速度:60km/h

起点にて八女筑後バイパス、終点にて大木大川バイパスと接続し、両者を連絡している。

接続路線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]