第11回全日本バレーボール選抜男女リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第11回全日本バレーボール選抜男女リーグ
開始年 1967
終了年 1994
主催 日本バレーボール協会
参加チーム数 男子:6
女子:6
加盟国 日本の旗 日本
前回優勝 男子:新日鉄
女子:日立
最多優勝 男子:新日鉄(5回)
女子:日立/日立武蔵(6回)
テンプレートを表示

第11回全日本バレーボール選抜男女リーグ(だい11かいぜんにほんバレーボールせんばつだんじょリーグ)は、1978年1月7日から1978年3月12日にかけて開催された、全日本バレーボール選抜男女リーグ(通称、日本バレーボールリーグ、日本リーグ)の第11回目の大会である。

概要[編集]

日程[編集]

  • 男子: 1978年1月7日 - 1978年3月12日。
  • 女子: 1978年1月7日 - 1978年3月12日。

試合方法[編集]

2回戦総当たりのリーグ戦を行い、優勝チームを決定する。

男子[編集]

参加チーム[編集]

前回順位 チーム名 備考
1 新日鉄
2 日本鋼管
3 専売広島
4 富士フイルム
5 東レ九鱗会
- 松下電器 実業団リーグから昇格

第1週[編集]

#101 1978年1月7日
日本鋼管
(1勝)
3 - 1
(15-10)
(13-15)
(15-2)
(15-9)
東レ九鱗会
(1敗)
函館市民体育館
主審: 中村博次
#102 1978年1月8日
専売広島
(1勝)
3 - 2
(15-8)
(15-13)
(9-15)
(6-15)
(15-8)
松下電器
(1敗)
串間市民体育館
主審: 原田智
#103 1978年1月8日
新日鉄
(1勝)
3 - 0
(15-6)
(15-1)
(15-12)
富士フイルム
(1敗)
高崎市体育館
主審: 山岸紀郎

第2週[編集]

#104 1978年1月14日
専売広島
(2勝)
3 - 0
(15-9)
(15-7)
(15-11)
富士フイルム
(2敗)
奥武山体育館
主審: 松本昌三
#105 1978年1月14日
新日鉄
(2勝)
3 - 0
(15-7)
(15-3)
(15-8)
東レ九鱗会
(2敗)
奥武山体育館
主審: 森泉道雄
#106 1978年1月15日
日本鋼管
(2勝)
3 - 1
(15-13)
(15-9)
(9-15)
(15-9)
松下電器
(2敗)
東京体育館
主審: 山岸紀郎

第3週[編集]

#107 1978年1月21日
日本鋼管
(3勝)
3 - 0
(15-6)
(15-13)
(16-14)
専売広島
(2勝1敗)
広島県立体育館
主審: 河村俊彦
#108 1978年1月22日
新日鉄
(3勝)
3 - 1
(14-16)
(15-11)
(15-7)
(15-12)
松下電器
(3敗)
山梨県体育館
#109 1978年1月22日
東レ九鱗会
(1勝2敗)
3 - 0
(15-10)
(15-10)
(16-14)
富士フイルム
(3敗)
静岡県営草薙体育館
主審: 勝原英麿

第4週[編集]

#110 1978年1月28日
専売広島
(3勝1敗)
3 - 1
(9-15)
(15-10)
(15-0)
(15-8)
東レ九鱗会
(1勝3敗)
岡山武道館
主審: 藤村正美
#111 1978年1月29日
日本鋼管
(4勝)
3 - 1
(9-15)
(15-11)
(15-7)
(15-12)
新日鉄
(3勝1敗)
大阪市中央体育館
主審: 佐々木宏
#112 1978年1月29日
松下電器
(1勝3敗)
3 - 0
(16-14)
(15-3)
(16-14)
富士フイルム
(4敗)
栃木県体育館
主審: 河村俊彦

第5週[編集]

#113 1978年2月4日
松下電器
(2勝3敗)
3 - 1
(16-14)
(4-15)
(15-10)
(15-10)
東レ九鱗会
(1勝4敗)
滋賀県立体育館
主審: 佐々木宏
#114 1978年2月5日
新日鉄
(4勝1敗)
3 - 0
(19-17)
(15-4)
(15-12)
専売広島
(3勝2敗)
長崎国際体育館
主審: 原田智
#115 1978年2月5日
日本鋼管
(5勝)
3 - 0
(15-5)
(15-7)
(15-10)
富士フイルム
(5敗)
岩手県営体育館
主審: 中村博次

第6週[編集]

#116 1978年2月11日
日本鋼管
(6勝)
3 - 0
(15-3)
(15-13)
(15-6)
松下電器
(2勝4敗)
横浜文化体育館
主審: 河村俊彦
#117 1978年2月12日
新日鉄
(5勝1敗)
3 - 0
(15-8)
(15-8)
(15-3)
東レ九鱗会
(1勝5敗)
徳山市体育館
主審: 勝原英麿
#118 1978年2月12日
専売広島
(4勝2敗)
3 - 0
(15-6)
(15-13)
(15-0)
富士フイルム
(6敗)
川内市体育館
主審: 芦田紀男

第7週[編集]

#119 1978年2月18日
新日鉄
(6勝1敗)
3 - 1
(15-2)
(12-15)
(15-13)
(15-0)
富士フイルム
(7敗)
宮城県スポーツセンター
主審: 河村俊彦
#120 1978年2月19日
松下電器
(3勝4敗)
3 - 2
(15-11)
(11-15)
(7-15)
(15-4)
(15-6)
東レ九鱗会
(1勝6敗)
津市体育館
主審: 山岸紀郎
#121 1978年2月19日
日本鋼管
(7勝)
3 - 1
(15-10)
(15-6)
(13-15)
(15-6)
専売広島
(4勝3敗)
東京体育館
主審: 原田智

第8週[編集]

#122 1978年2月25日
専売広島
(5勝3敗)
3 - 2
(15-11)
(15-13)
(9-15)
(8-15)
(16-14)
東レ九鱗会
(1勝7敗)
鹿屋市体育館
主審: 久長一善
#123 1978年2月26日
新日鉄
(7勝1敗)
3 - 1
(15-5)
(11-15)
(15-3)
(15-8)
松下電器
(3勝5敗)
大阪市中央体育館
主審: 山崎武彦
#124 1978年2月26日
日本鋼管
(8勝)
3 - 1
(6-15)
(16-14)
(15-3)
(15-8)
富士フイルム
(8敗)
横浜文化体育館
主審: 和田重信

第9週[編集]

#125 1978年3月4日
新日鉄
(8勝1敗)
3 - 0
(15-10)
(15-8)
(15-6)
専売広島
(5勝4敗)
神戸市立中央体育館
主審: 小玉巧
#126 1978年3月5日
富士フイルム
(1勝8敗)
3 - 0
(15-8)
(15-10)
(15-10)
松下電器
(3勝6敗)
熊本市体育館
主審: 佐々木宏
#127 1978年3月5日
日本鋼管
(9勝)
3 - 0
(15-13)
(15-10)
(15-9)
東レ九鱗会
(1勝8敗)
長岡市厚生会館
主審: 勝原英麿

第10週[編集]

#128 1978年3月11日
富士フイルム
(2勝8敗)
3 - 1
(18-16)
(10-15)
(15-11)
(17-15)
東レ九鱗会
(1勝9敗)
東京体育館
主審: 中村博次
#129 1978年3月12日
日本鋼管
(10勝)
3 - 0
(15-12)
(15-3)
(17-15)
新日鉄
(8勝2敗)
東京体育館
主審: 山岸紀郎
#130 1978年3月12日
専売広島
(6勝4敗)
3 - 1
(15-9)
(15-5)
(16-18)
(15-9)
松下電器
(3勝7敗)
米子市民体育館
主審: 藤原正美

最終順位[編集]

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 日本鋼管 10 10 0 1.000
準優勝 新日鉄 10 8 2 0.800
3 専売広島 10 6 4 0.600
4 松下電器 10 3 7 0.300
5 富士フイルム 10 2 8 0.200
6 東レ九鱗会 10 1 9 0.100

個人賞[編集]

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 優勝監督賞 木村晃 日本鋼管
2 最優秀選手賞 森田淳悟 日本鋼管
3 敢闘賞 田中幹保 新日鉄
4 最優秀新人賞 花輪晴彦 日本鋼管
5 ベスト6 森田淳悟 日本鋼管
丸山孝 日本鋼管
花輪晴彦 日本鋼管
嶋岡健治 日本鋼管
田中幹保 新日鉄
小田勝美 新日鉄
6 レシーブ賞 辻合真一郎 新日鉄
7 スパイク賞 小田勝美 新日鉄 決定率=55.7%
8 ブロック賞 小田勝美 新日鉄 決定本数=2.09本/set
9 サーブ賞 辻合真一郎 新日鉄 得点率 8.4%

日本リーグ出場チーム決定戦[編集]

第1日[編集]

#131 1978年3月25日
富士フイルム
(日本リーグ5位)
3 - 2
(13-15)
(15-5)
(15-2)
(6-15)
(15-3)
住友金属
(実業団リーグ2位)
高知県民体育館
主審: 小玉巧
#132 1978年3月25日
東レ九鱗会
(日本リーグ6位)
2 - 3
(15-12)
(15-11)
(12-15)
(11-15)
(10-15)
サントリー
(実業団リーグ1位)
高知県民体育館
主審: 佐々木宏

第2日[編集]

#133 1978年3月26日
富士フイルム
(日本リーグ5位)
3 - 1
(9-15)
(15-9)
(15-2)
(15-6)
住友金属
(実業団リーグ2位)
高知県民体育館
主審: 佐々木宏
#134 1978年3月26日
東レ九鱗会
(日本リーグ6位)
3 - 1
(15-2)
(17-15)
(13-15)
(15-6)
サントリー
(実業団リーグ1位)
高知県民体育館
主審: 小玉巧

※この結果、富士フイルムが2連勝で残留を決め、東レ-サントリーは1勝1敗となったが、セット率で東レが上回り残留を決めた。

女子[編集]

参加チーム[編集]

前回順位 チーム名 備考
1 日立
2 ユニチカ ユニチカ貝塚からチーム名変更
3 三洋電機
4 カネボウ 鐘紡からチーム名変更
6 富士フイルム
- 東洋紡守口 実業団リーグから昇格

第1週[編集]

#201 1978年1月7日
日立
(1勝)
3 - 0
(15-4)
(15-4)
(15-3)
東洋紡守口
(1敗)
函館市民体育館
主審: 中村弘
#202 1978年1月8日
ユニチカ
(1勝)
3 - 1
(15-4)
(5-15)
(15-8)
(15-4)
カネボウ
(1敗)
串間市民体育館
主審: 久長一善
#203 1978年1月8日
富士フイルム
(1勝)
3 - 1
(12-15)
(15-1)
(15-10)
(15-8)
三洋電機
(1敗)
高崎市体育館
主審: 小鹿野友平

第2週[編集]

#204 1978年1月14日
ユニチカ
(2勝)
3 - 0
(15-12)
(15-11)
(15-1)
富士フイルム
(1勝1敗)
大牟田市立体育館
#205 1978年1月14日
三洋電機
(1勝1敗)
3 - 1
(15-7)
(7-15)
(19-17)
(15-12)
東洋紡守口
(2敗)
大牟田市立体育館
主審: 大森幸雄
#206 1978年1月15日
日立
(2勝)
3 - 0
(15-2)
(15-4)
(15-11)
カネボウ
(2敗)
東京体育館
主審: 藤村正美

第3週[編集]

#207 1978年1月21日
カネボウ
(1勝2敗)
3 - 0
(15-12)
(15-6)
(15-5)
東洋紡守口
(3敗)
広島県立体育館
主審: 佐々木宏
#208 1978年1月22日
ユニチカ
(3勝)
3 - 0
(15-12)
(15-4)
(15-4)
三洋電機
(1勝2敗)
山梨県体育館
主審: 和田重信
#209 1978年1月22日
日立
(3勝)
3 - 0
(15-6)
(15-7)
(15-3)
富士フイルム
(1勝2敗)
静岡県営草薙体育館
主審: 横田武彦

第4週[編集]

#210 1978年1月28日
カネボウ
(2勝2敗)
3 - 0
(15-12)
(15-5)
(16-14)
富士フイルム
(1勝3敗)
岡山武道館
主審: 小玉巧
#211 1978年1月29日
ユニチカ
(4勝)
3 - 0
(15-9)
(15-8)
(15-8)
東洋紡守口
(4敗)
大阪市中央体育館
主審: 山崎武彦
#212 1978年1月29日
日立
(4勝)
3 - 1
(15-7)
(15-8)
(7-15)
(15-3)
三洋電機
(1勝3敗)
栃木県体育館
主審: 大鹿高雄

第5週[編集]

#213 1978年2月4日
日立
(5勝)
3 - 0
(15-2)
(15-12)
(15-3)
ユニチカ
(4勝1敗)
滋賀県立体育館
主審: 芦田紀男
#214 1978年2月5日
東洋紡守口
(1勝4敗)
3 - 0
(15-9)
(15-7)
(15-11)
富士フイルム
(1勝4敗)
長崎国際体育館
主審: 久長一善
#215 1978年2月5日
カネボウ
(3勝2敗)
3 - 0
(15-1)
(15-13)
(15-6)
三洋電機
(1勝4敗)
岩手県営体育館
主審: 森泉道雄

第6週[編集]

#216 1978年2月11日
富士フイルム
(2勝4敗)
3 - 0
(15-5)
(15-6)
(15-5)
三洋電機
(1勝5敗)
横浜文化体育館
主審: 森泉道雄
#217 1978年2月12日
日立
(6勝)
3 - 0
(15-6)
(15-0)
(15-7)
カネボウ
(3勝3敗)
徳山市体育館
主審: 渡部晴行
#218 1978年2月12日
ユニチカ
(5勝1敗)
3 - 0
(15-6)
(15-9)
(15-9)
東洋紡守口
(1勝5敗)
川内市体育館
主審: 岡本龍治

第7週[編集]

#219 1978年2月18日
日立
(7勝)
3 - 1
(6-15)
(15-0)
(15-8)
(15-8)
東洋紡守口
(1勝6敗)
東京体育館
主審: 大鹿高雄
#220 1978年2月19日
カネボウ
(4勝3敗)
3 - 0
(15-4)
(15-5)
(15-7)
三洋電機
(1勝6敗)
津市体育館
主審: 小玉巧
#221 1978年2月19日
ユニチカ
(6勝1敗)
3 - 2
(13-15)
(15-6)
(6-15)
(15-4)
(17-15)
富士フイルム
(2勝5敗)
東京体育館
主審: 松本昌三

第8週[編集]

#222 1978年2月25日
日立
(8勝)
3 - 0
(15-10)
(15-7)
(15-10)
三洋電機
(1勝7敗)
鹿屋市体育館
主審: 横田武彦
#223 1978年2月26日
ユニチカ
(7勝1敗)
3 - 0
(15-8)
(15-7)
(15-2)
カネボウ
(4勝4敗)
大阪市中央体育館
主審: 佐々木宏
#224 1978年2月26日
東洋紡守口
(2勝6敗)
3 - 1
(15-7)
(9-15)
(15-9)
(16-14)
富士フイルム
(2勝6敗)
横浜文化体育館
主審: 原田智

第9週[編集]

#225 1978年3月4日
カネボウ
(5勝4敗)
3 - 2
(12-15)
(13-15)
(15-3)
(15-5)
(15-4)
富士フイルム
(2勝7敗)
神戸市立中央体育館
主審: 藤村正美
#226 1978年3月5日
東洋紡守口
(3勝6敗)
3 - 0
(15-7)
(15-9)
(15-9)
三洋電機
(1勝8敗)
熊本市体育館
主審: 山岸紀郎
#227 1978年3月5日
日立
(9勝)
3 - 0
(15-10)
(15-7)
(15-8)
ユニチカ
(7勝2敗)
長岡市厚生会館
主審: 河村俊彦

第10週[編集]

#228 1978年3月11日
日立
(10勝)
3 - 0
(15-3)
(15-5)
(15-6)
富士フイルム
(2勝8敗)
東京体育館
主審: 岡本龍治
#229 1978年3月12日
ユニチカ
(8勝2敗)
3 - 0
(15-5)
(15-4)
(15-8)
三洋電機
(1勝9敗)
東京体育館
主審: 森泉道雄
#230 1978年3月12日
カネボウ
(6勝4敗)
3 - 1
(10-15)
(15-12)
(15-11)
(15-0)
東洋紡守口
(3勝7敗)
米子市民体育館
主審: 大森幸雄

最終順位[編集]

順位 チーム名 試合数 勝数 敗数 勝率 備考
優勝 日立 10 10 0 1.000 5年連続7度目
準優勝 ユニチカ 10 8 2 0.800
3 カネボウ 10 6 4 0.600
4 東洋紡守口 10 3 7 0.300
5 富士フイルム 10 2 8 0.200
6 三洋電機 10 1 9 0.100

個人賞[編集]

No. 賞名 受賞者 所属チーム 備考
1 優勝監督賞 米田一典 日立
2 最優秀選手賞 白井貴子 日立
3 敢闘賞 横山樹理 ユニチカ
4 最優秀新人賞 結城てり江 ユニチカ
5 ベスト6 白井貴子 日立
松田紀子 日立
吉田真理子 日立
矢野広美 日立
江上由美 日立
横山樹理 ユニチカ
6 レシーブ賞 白井貴子 日立
7 スパイク賞 白井貴子 日立 決定率=50.4%
8 ブロック賞 石川嘉枝 ユニチカ 決定本数=1.67本/set
9 サーブ賞 江上由美 日立 得点率=12.0%

日本リーグ出場チーム決定戦[編集]

第1日[編集]

#231 1978年3月25日
三洋電機
(日本リーグ6位)
3 - 2
(15-17)
(15-10)
(3-15)
(15-12)
(15-5)
久光製薬
(実業団リーグ1位)
井波町社会体育館
主審: 河村俊彦
#232 1978年3月25日
富士フイルム
(日本リーグ5位)
3 - 0
(15-10)
(15-13)
(15-5)
ヤシカ
(実業団リーグ2位)
井波町社会体育館
主審: 藤村正美

第2日[編集]

#233 1978年3月26日
三洋電機
(日本リーグ6位)
3 - 0
(15-8)
(15-12
(15-7)
久光製薬
(実業団リーグ1位)
井波町社会体育館
主審: 藤村正美
#234 1978年3月26日
富士フイルム
(日本リーグ5位)
1 - 3
(11-15)
(15-12)
(7-15)
(8-15)
ヤシカ
(実業団リーグ2位)
井波町社会体育館
主審: 河村俊彦

※この結果、三洋電機が2連勝で残留を決め、富士フイルム-ヤシカは1勝1敗となったがセット率で富士フイルムが上回り残留を決めた。

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール 1978年3月号 144-147ページ
  • 月刊バレーボール 1978年4月号 146-149ページ
  • 月刊バレーボール 1978年5月号 129-131ページ

脚注[編集]

  • 本記事のマッチナンバーは編集の便宜上付番したものです。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]