笠木望

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

笠木 望(かさぎ のぞむ、男性、1974年6月4日 - )は、日本の映画監督北海道出身。上智大学文学部哲学科中退、日活芸術学院演出科修了。現在はバンタンデザイン研究所講師

来歴[編集]

2001年(平成13年)、日活芸術学院の卒業制作として自主製作された『きみのジャージはどこ』が、あきる野映画祭観客審査員賞受賞。京都国際学生映画祭、大阪プラネット映画祭、ツタヤ・インディーズムービーフェスティバル、水戸短編映像祭ほかインディペンデント系映画祭に入選。

2002年(平成14年)、佐藤佐吉オリジナル脚本映画『スワンズソング』(ビデオタイトル:『少女惨殺~スワンズソング~』)で劇場監督デビューする。社会学者宮台真司がダ・ヴィンチ誌にて取り上げる。

2005年(平成17年)、浅野忠信哀川翔が主演する『東京ゾンビ』(デジタル・フロンティア製作)で監督補佐を務める。

監督作品[編集]

映画[編集]

  • 『きみのジャージはどこ』(2001年)京都国際学生映画祭招待作品、水戸短編映像祭観客賞
  • 『スワンズソング』(2002年
  • Tokyo Real』(2007年
  • 『トップ』(2014年)沖縄国際映画祭出品作品
  • 『チェリー婦人』(2015年
  • 『まるごとひょうたんロック・ユー!』(2017年)沖縄国際映画祭出品作品

TV[編集]

オリジナルビデオ[編集]

  • 『アイネクライネナハトムジーク』(2000年
  • 『元祖・湘南瓦屋根物語』(2006年
  • 『ハメジュク!』(2007年
  • 『インキュバス』(2010年
  • 『TOKYOスピーシーズ』(2011年

脚本作品[編集]

舞台演出[編集]

音楽PV[編集]

外部リンク[編集]