Tokyo Real

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

Tokyo Real』とは、RYUによって執筆されたケータイ小説である。口コミで話題となり、2006年4月30日に単行本化。2007年8月18日に映画化された。いわゆるリアル系ケータイ小説では地方都市・郊外を舞台とした作品が多く(ケータイ小説#郊外文化としてのケータイ小説を参照)、東京を舞台とした本作は珍しい部類に入る[1]

あらすじ[編集]

女子高生・本城アヤは、クラブでプッシャー(ドラッグの売人)と知り会った事を機に、好奇心でドラッグ(MDMA)を始める。そんなある日、アヤはクラブで桐嶋ナオヤと出会って次第に惹かれあい、付き合い始める。アヤはナオヤの為にもドラッグを辞めようとするが、ドラッグの誘惑も断ち切れず、次第に依存していく。

登場人物[編集]

本城アヤ(ほんじょう あや)
本作の主人公。18歳の高校3年生。大人っぽく整った顔立ちで、たまにギャル系雑誌にも載り男友達を含め知人も多い。だが、優柔不断で流されやすく、精神的に未熟な所もある。週末にはクラブに通っている。ヒデキと知り合い、ドラッグ(MDMA)を始めた。だが、ナオヤと付き合い始めた事を機に、ドラッグを止めようとするが…。
桐島ナオヤ(きりしま なおや)
22歳の若さにして金融屋店長を務める青年。18歳から夜の世界や金融業に入り、持ち前のカリスマ性で成功を収めた。現在、高級マンションで暮らし、使用する品物も高級ブランド品ばかり。美形で、優しく後輩の面倒見の良さから信頼も厚い。クラブでアヤと知り合い、後に付き合い始める。アヤにはドラッグを止めて欲しいと思っている。
三崎ユウコ(みざき ゆうこ)
アヤの親友で彼女のクラスメイト。18歳。3年の時から急に親しくなった。何をするにもアヤと一緒で、雑誌に載ったりクラブでナンパされたりする事もある。ドラッグに蝕まれていくアヤの身を心配している。
ヒデキ
プッシャーの男性。安っぽい格好をした中途半端なギャル汚。アヤにMDMAを勧めた張本人。自身もドラッグが大好き。
ミホ
歌舞伎町のクラブでNo.1のキャバクラ嬢。2年前まで、ナオヤと交際していたが、自身の束縛が元で破局。以来、彼とはあくまで、客とキャバクラ嬢の関係だが、本人は未だにナオヤへの未練が残っている。

映画[編集]

2007年8月18日公開。配給はモブキャスト

出演[編集]

アヤ:秦みずほ
ナオヤ:米光雄作
南まい
河野智典
川口貴弘
MARU
比嘉愛
竹下茄人

スタッフ[編集]

監督:笠木望湯本美谷子
製作:森本勝己、藪考樹、上野道雄 
プロデューサー:川端基夫、兔丸誠治(マンモス・テーブル)
撮影監督:山田真也 
音楽:phantasticM 
ヘアメイク・衣装:大内聖子 
助監督:江利川深夜 
制作:宮下幸子 
アシスタントプロデューサー:田中美知太郎
製作:「TokyoReal」フィルムパートナーズ 
制作:リバーソニック
制作協力:レフトハイ、モブキャスト、マンモス・テーブル、バンタン映画映像学院  
配給・宣伝:モブキャスト
  • 上映時間:84分

主題歌・挿入歌[編集]

主題歌

ICHIDAI 「Tokyo Real 〜祈り〜」(デルタパートナーズ)
TSUKASA 「Prologue - SPACEY vs TOKYO REAL Remix」(SPACEY RECORDS)

挿入歌

RAYTO 「Tokyo Real 〜No D.R.G. Edition〜」(デルタパートナーズ)
TSUKASA 「IN MY HEART - HEAVENS WiRE RMX」(SPACEY RECORDS)
sinario 「てんきてんきてんき」(IQI:HyakurifuRecords)
青山操 「Distance 〜In Your Love〜」(Daito Music)

脚注[編集]

  1. ^ 本田透 『なぜケータイ小説は売れるのか』 ソフトバンククリエイティブ、2008年、109頁。ISBN 978-4797344028

外部リンク[編集]